• ログイン今すぐ開始

本書は、お客様のご参考のために原文の英語版を機械翻訳したものです。

英語版と齟齬がある場合、英語版の定めが優先するものとします。より詳しい情報については、本リンクをご参照ください。

問題を作成する

スクリプトによるモニターのプロキシ設定とプロパティの設定

シンセティック・モニタリングのプロキシ設定とプロパティについては、こちらをご覧ください。

スクリプトによるモニターのためのプロキシ設定API

重要

バージョン0.4.0以降の合成スクリプトモニターには、プロキシサーバーの設定が可能です。

グローバルオブジェクト$networkを使用すると、合成スクリプトモニターで使用されるネットワーク構成を制御できます。特に明記されていない限り、以下はスクリプトブラウザAPIテストの両方に適用されます。

プロキシのプロパティ

重要

このプロキシ情報は、これらのバージョンにのみ適用されます。

  • APIモニターです。0.4.0, 0.2.2, 0.2.1, 0.1.0
  • スクリプトのモニターです。0.1.0

HTTP トラフィックのメトリクスを分析・収集するためには、New Relic はトラフィックが概念的なファネルを通過することを確認する必要があります。New Relic の合成モニタリングには、HTTP リクエストまたはレスポンスを分析し、その情報を記録することができるソフトウェア・ファネル・コンポーネントが含まれています。

  • New Relic のスクリプト付きブラウザーモニター (バージョン 0.4.x 以下) には、HTTP プロキシを必要とせずにこの分析を行うメカニズムが含まれているため、何も設定する必要がありません。
  • New RelicのAPIテスト(バージョン0.4.x以前)は、リクエストが内部HTTPプロキシを通過するように事前構成された$httpオブジェクトを提供します。これにより、プロキシ設定を含めずにテストを作成できます。

HTTPトラフィックメトリックを収集しながらHTTPトラフィックを生成するために他の方法を使用する場合は、 $env.PROXY_HOST$env.PROXY_PORTを使用できます。トラフィックメトリックを記録するには、これらのプロパティをスクリプトに必ず含めてください。

Copyright © 2022 New Relic株式会社。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.