• ログイン今すぐ開始

本書は、お客様のご参考のために原文の英語版を機械翻訳したものです。

英語版と齟齬がある場合、英語版の定めが優先するものとします。より詳しい情報については、本リンクをご参照ください。

問題を作成する

カスタムタイミングの詳細には$harを使用します

重要

スクリプト化されたAPIモニターでカスタムタイミングの詳細を使用するには、 Node16.10ランタイム以降が必要です。

$ harライブラリを使用して、モニターとモニター対象のアプリケーション間の相互作用をレポートするカスタムタイミング機能を備えたモニターを作成できます。これらのカスタムタイミングは、 デフォルトのnode.jsモジュールインポート可能なnode.jsモジュールの両方を使用します。

カスタムタイミング機能を備えたモニターを作成すると、次のことも可能になります。

  • リクエストの完了の時間を計ります。たとえば、 dnsモジュールを使用してDNSルックアップをテストします。
  • ウォーターフォールビューの一部として、NewRelicUIでデフォルトのタイミングの詳細を使用してカスタムタイマーを表示します。
  • SyntheticRequestイベントを使用して、トレンドとアラートのパターンを追跡します。

カスタムタイマーを設定する

addResource()またはgetResource()を使用してタイミングリソースを作成します。これらのタイマーは、 startTimer()を使用して開始します。同様に、 stopTimer()を使用してこれらのタイマーを停止します。

タイミングリソースを作成するには:

const testTimer = $har.addResource('Test Timer');
testTimer.startTimer();
await sleep(100);
testTimer.endTimer();

または、 getResource()を使用してタイマーを作成します。

$har.getResource('Test Timer').startTimer();
await sleep(100);
$har.getResource('Test Timer').endTimer();

特定のタイミングの詳細を取得する

特定のスクリプトのニーズに応じて、さまざまな属性を使用して、より詳細なタイミングの詳細をUIに取り込むことができます。これらには以下が含まれます:

  • ブロック
  • dns
  • connect
  • ssl
  • センド
  • 待つ
  • 受信

たとえば、単純なDNSモニターにタイマーを追加するには、次のようにします。

const { Resolver } = require('dns').promises;
const myResolver = new Resolver();
myResolver.setServers(['1.1.1.1']);
const dnsResource = $har.addResource('DNS Lookup');
dnsResource.startTimer();
dnsResource.dns().startTimer();
let addresses = await myResolver.resolve4('newrelic.com')
dnsResource.dns().endTimer();
dnsResource.endTimer();
console.log(addresses);
Copyright © 2022 New Relic株式会社。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.