• ログイン無料アカウント

本書は、お客様のご参考のために原文の英語版を機械翻訳したものです。

英語版と齟齬がある場合、英語版の定めが優先するものとします。より詳しい情報については、本リンクをご参照ください。

問題を作成する

プライベートロケーションのトラブルシューティング

New Relic のシンセティックモニタリング用に プライベートロケーション を設定中に問題が発生した場合は、ミニオンの一般的な問題を特定するためのトラブルシューティングのヒントをお試しください。

仕事の需要と消費

現在のスループットを確認し、CPMがジョブロードに追いついているかどうかを評価します。

  • ジョブズは1分あたりのスループットを要求する。

    SELECT rate(uniqueCount(jobId), 1 minute) FROM SyntheticRequest WHERE type != 'SIMPLE' FACET location SINCE 2 days ago
  • 1分あたりのジョブ数の推移

    SELECT rate(uniqueCount(jobId), 1 minute) FROM SyntheticRequest WHERE type != 'SIMPLE' FACET location SINCE 2 weeks ago TIMESERIES
  • キューの伸びを把握する。

    SELECT derivative(checksPending, 1 minute) as 'queue growth rate (per minute)' FROM SyntheticsPrivateLocationStatus where name = 'YOUR_PRIVATE_LOCATION' SINCE 2 days ago TIMESERIES
  • 消費率。

    SELECT rate(uniqueCount(jobId), 1 minute) FROM SyntheticRequest WHERE type != 'SIMPLE' FACET location SINCE 2 weeks ago TIMESERIES
  • リソースを消費している障害のあるモニターをクリーンアップします。

    SELECT 100*latest(minionJobsFailed)/latest(minionJobsReceived) as 'job failure rate (%)' from SyntheticsPrivateMinion FACET minionLocation SINCE 2 weeks ago TIMESERIES MAX

メモリ使用量のトラブルシューティング

CPMあたりの推奨メモリ配分

  • Docker:Docker CPMではcpuコアあたり2.5Gi

  • KubernetesのCPMです。

    • 3 Gi per CPM heavy worker
    • 3 Gi per healthcheck pod
    • ミニオンポッドの1.6Gi
  • 目標60%の最大メモリ使用率

現在の使用状況を確認するのに便利なクエリ。

  • ロケーションごとのメモリ使用量。

    SELECT latest(minionPhysicalMemoryUsedPercentage) from SyntheticsPrivateMinion FACET minionLocation SINCE 2 weeks ago TIMESERIES Max
  • ホスト名ごとのメモリ使用量。

    SELECT latest(minionPhysicalMemoryUsedPercentage) FROM SyntheticsPrivateMinion WHERE minionLocation = 'YOUR_PRIVATE_LOCATION' FACET minionHostname SINCE 2 weeks ago TIMESERIES Max

CPU使用率のトラブルシューティング

CPUの需要が高くなる可能性のある期間を特定する。

  • 全体のCPU使用率

    SELECT latest(minionProcessorsUsagePercentage) FROM SyntheticsPrivateMinion FACET minionLocation SINCE 2 weeks ago TIMESERIES Max
  • 指定した場所のCPU使用率。

    SELECT latest(minionProcessorsUsagePercentage) FROM SyntheticsPrivateMinion WHERE minionLocation = 'YOUR_PRIVATE_LOCATION' FACET minionHostname SINCE 2 weeks ago TIMESERIES Max

ネットワークトラブルシューティング

ネットワークアクセスは赤。

プライベートミニオンは、パブリックネットワークアクセスを確認するために New Relic へのチェックを行います。パブリックネットワークアクセスが利用できない場合、 プライベートミニオンの Overview pageNetwork Access アイコンが赤くなりますが、それ以外はプライベートミニオンは完全に機能しています。これが期待される動作であれば、このエラーを無視しても問題ありません。

また、以下のようなログエントリが表示されることがあります。

2016-01-21 21:47:09,401 [dw-22 - GET /private-location/status] c.n.s.m.util.PrivateMinionUtils WARN Unable to detect Public Network Access trying to fetch https://newrelic.com/synthetics: java.net.ConnectException: Connection refused

New Relicのアクセスは赤。

プライベートミニオンが、実行するジョブのリストを取得し、New Relic のユーザーインターフェースで表示できる結果を公開するためには、 https://synthetics-horde.nr-data.net へのアクセスが必要です。ファイアウォールのルールで直接アクセスが許可されていない場合は、 プロキシアクセスを設定する必要があります 。必要に応じて、DNS エンドポイントを許可リストに追加します。

ネットワークIOPS。

ネットワークIOPSは、CPMにクラウドプロバイダーを使用している場合、トラブルシューティングに適した場所でもあります。DockerとKubernetesのCPMは、どちらも適切な量の書き込みスループットを必要とします。平均IOPSを分析し、1秒あたりのディスク操作に必要な適切なボリュームサイズを決定します。

その他予期せぬトラブル

その他の異常な状況に遭遇した場合は、アプリケーションをリサイクルしてください。プライベート・ミニオンはステートレスな仮想アプライアンスなので、プライベート・ロケーションへの影響を最小限に抑えながら、いつでも安全にリサイクルやリブートを行うことができます。すべてのミニオンが同時にオフラインになった場合でも、シンセティック・モニタリングは保留中のチェックを単にキューに入れ、ミニオンがオンラインに戻った時点で再実行します。

ミニオンをリサイクルするには、コンソールにログインして以下のコマンドを実行します。

sudo restart synthetics-minion

ミニオンをリサイクルしても問題が解決しない場合は、コンソールにログインしてミニオンを再起動してください。

sudo reboot now
Copyright © 2022 New Relic株式会社。