• ログイン無料アカウント

本書は、お客様のご参考のために原文の英語版を機械翻訳したものです。

英語版と齟齬がある場合、英語版の定めが優先するものとします。より詳しい情報については、本リンクをご参照ください。

問題を作成する

シンセティック・モニタリングダウンタイムのトラブルシューティング

Failures ページを使用して、ダウンタイム・インシデントやその他のエラーの検索とトラブルシューティングを行います。ダウンタイム・インシデントは、モニターが完全に実行できない場合に発生します。例えば、PingモニターはGETリクエストが失敗すると"ダウン" 、スクリプト付きブラウザ・モニターはスクリプトの一部が実行できないと"ダウン" 。興味深いダウンタイムを見つけたら、それを選択して そのダウンタイム・インシデントの詳細な結果を見て トラブルシューティングを行ってください。

失敗のページを見る

お使いのモニターのフェイルにアクセスするには one.newrelic.com > Synthetics> (select a monitor)> Failures にアクセスしてください。

Synthetic monitoring - Failures page

故障の上にマウスを置くと、その故障についてのクイックデータが表示されます。ドットをクリックすると、障害の詳細なレポートが表示されます。また、 Run check をクリックすると、 失敗したモニターを再確認することができます。

個々のダウンタイムの表示

個々のダウンタイム・インシデントを選択して、より詳細に見ることができます。特定の障害に応じて、ダウンタイムの結果には、サーバー・エラー・メッセージ(例: Server replied with"HTTP 500" error )や、全体または部分的な ウォーターフォールビュー が含まれます。

ダウンタイムの結果には、モニターの一部だけが正しく実行された場合のウォーターフォールが含まれます。たとえば、 301リダイレクト は、失敗したウェブページにリンクする可能性があります。ブラウザはリダイレクトを正しく実行しますが、宛先のWebページはエラーを返します。エラー・メッセージやウォーターフォールを使って、ダウンタイムのトラブルシューティングを行います。

ページ機能の利用

Failures ページでは、以下の機能をサポートしています。

以下を行う場合...

操作...

ダウンタイムのリストをソートする

テーブルのヘッダーで、 Time または Message を選択すると、リストがソートされます。 Time または Message を再度選択して、昇順ソートから降順ソートに変更します。

場所で絞り込む

ロケーション・ラベルを選択すると、そのロケーションからのダウンタイム・インシデントが非表示になります。もう一度ロケーション・ラベルを選択すると、これらの結果が非表示になります。1つのロケーションからの結果を表示するには、他のすべてのロケーションを隠します。

別のモニターに素早くアクセス

  1. 画面上部の現在のモニターの名前をクリックすると、ドロップダウンメニューが表示されます。

  2. 最近のモニターのリストから選択するか、検索フィールドに名前を入力して特定のモニターを検索します。

    Switch synthetic monitor quickly

タイムフレームの変更

タイムピッカー を使って、返されたダウンタイム・インシデントの数を調整します。

余分なノイズを避け、3回失敗したら通知される

スリーストライク・ルールに関するブログ記事を読む

Copyright © 2022 New Relic株式会社。