• EnglishEspañol日本語한국어Português
  • ログイン今すぐ開始

この機械翻訳は参考用に提供されます。

英語版と翻訳版に矛盾がある場合は、英語版が優先されます。詳細については、このページ を参照してください。

問題を作成する

ワークロードの作成と定義

ワークロードに追加されるエンティティは、目標と組織構造によって異なります。このドキュメントでは、UI でワークロードを作成する方法を学習します。ワークロードがどのようにチームを調整するかについては、 「ワークロード チュートリアル」を参照してください。

アカウントと権限

ワークロードに寄与するアカウントには、 workload account [ワークロード アカウント] と scope accounts [スコープ アカウント]の 2 種類があります。 New Relic 組織 に複数のアカウントがある場合、ワークロード アカウントとスコープ アカウントを区別すると、ワークロードの管理が容易になります。

  • workload account [ワークロード アカウントは、] ワークロードとそのデータが存在する場所です。したがって、ワークロードの作成に使用されたアカウントがワークロード アカウントとみなされます。このアカウントは、割り当てられているアカウント権限に基づいて、ワークロードを表示および管理できるユーザーを決定します。
  • スコープ アカウントは、 ワークロードがテレメトリ データを取得するアカウントです。ワークロードのスコープ アカウントのすべてにアクセスできないユーザーは、ワークロード内のすべてのデータを表示できない可能性があります。ワークロードを使用するチーム メンバーの場合は、ワークロードがデータを取得するチームの関連アカウントを必ず追加してください。

ワークロード アカウントは、作成後に変更することはできません。ただし、スコープ アカウントは、ワークロード アカウントのワークロード管理機能を持つユーザーであればいつでも更新できます。デフォルトでは、ワークロード作成時にワークロード作成者がアクセスできるすべてのアカウントがスコープ アカウントとして設定されます。

ワークロードの作成

ワークロードを作成するにはいくつかの方法がありますが、どれを選択するかは完全にユーザー次第です。チームの調整に最も便利な方法を選択することをお勧めします。

ワークロードを定義する

以下に、ワークロードの定義のいくつかの側面に関する詳細とヒントを示します。

Copyright © 2024 New Relic株式会社。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.