• English日本語한국어
  • ログイン今すぐ開始

この機械翻訳は参考用に提供されます。

英語版と翻訳版に矛盾がある場合は、英語版が優先されます。詳細については、こちらのページをご覧ください。

問題を作成する

パン粉の記録

構文

Java

NewRelic.recordBreadcrumb(
string $Name,
map<string, object> $eventAttributes
)

コトリン [#kotlin]

NewRelic.recordBreadcrumb(
breadcrumbName: String?,
attributes: MutableMap<String?, Any?>?
)

説明 [#description]

この呼び出しは、 MobileBreadcrumbイベントを作成して記録します。このイベントは、NRQLおよびクラッシュイベントトレイルで照会できます。モバイルブレッドクラムはクラッシュ分析に役立ちます。クラッシュのトラブルシューティングに役立つ可能性のあるアプリアクティビティ用に作成する必要があります。

選択したカスタム属性に加えて、イベントには関連付けられた セッション属性も含まれます。setAttributeを使用する場合とは異なり、ブレッドクラム イベントに属性を追加すると、そのイベントにのみ属性が追加されます。これらはセッション属性ではありません。

パラメーター [#parameters]

パラメータ

タイプ

説明

Name

string

必須項目です。パンくずイベントにつける名前。

eventAttributes

dictionary

任意です。パンくずイベントの属性のリストを含むマップです。役に立ちそうなイベント記述子の属性を作成します。

戻り値 [#return-values]

イベントが正常に記録された場合はtrueを返し、そうでない場合はfalseを返します。

[#examples]

単純なブレッドクラム イベント呼び出しの例を次に示します。

Java [#java]

Map attributes = new HashMap();
attributes.put("attributeName1", "value1");
attributes.put("attributeName1", 2);
boolean eventRecorded = NewRelic.recordBreadcrumb("Name", attributes);

コトリン [#kotlin]

val map = mutableMapOf<String,Any>("attributeName1" to "value1", "attributeName1" to 2)
val eventRecorded = NewRelic.recordBreadcrumb("Name", map)

実際の値を含むブレッドクラム イベントの例を次に示します。

Java [#java]

Map attributes = new HashMap();
attributes.put("button", "sign-in");
attributes.put("location", "LaunchFragment");
NewRelic.recordBreadcrumb("user tapped sign in button", attributes);

コトリン [#kotlin]

val attributes = mutableMapOf<String,Any>("button" to "sign-in", "location" to "LaunchFragment")
NewRelic.recordBreadcrumb("user tapped sign in button", attributes)

構文

目的-c

recordBreadcrumb:(NSString* __nonnull)name attributes:(NSDictionary* __nullable)attributes;

迅速 [#swift]

NewRelic.recordBreadcrumb(string $Name, map $eventAttributes)

説明 [#description]

この呼び出しは、 MobileBreadcrumbイベントを作成して記録します。このイベントは、NRQLおよびクラッシュイベントトレイルで照会できます。モバイルブレッドクラムはクラッシュ分析に役立ちます。クラッシュのトラブルシューティングに役立つと思われるアプリアクティビティ用に作成します。

選択したカスタム属性に加えて、イベントには関連付けられた セッション属性も含まれます。setAttributeを使用するのとは異なり、ブレッドクラム イベントに属性を追加すると、そのイベントにのみ属性が追加されます。これらはセッション属性ではありません。

この呼び出しを使用すると、イベント タイプとして MobileBreadcrumb を指定して recordCustomEvent 呼び出し を使用した場合と同じ結果になります。この API の使用方法については、カスタム属性とイベントの送信についてお読みください。

パラメーター [#parameters]

パラメータ

タイプ

説明

$Name

string

必須項目です。パンくずイベントにつける名前。

$eventAttributes

dictionary

任意です。パンくずイベントの属性のリストを含むマップです。役に立ちそうなイベント記述子の属性を作成します。

戻り値 [#return-values]

イベントが正常に記録された場合はtrueを返し、そうでない場合はfalseを返します。

[#examples]

Objective-C [#obj-c]

[NewRelic recordBreadcrumb:@"user 11-3435 tapped sign-in button on LaunchViewController"
attributes:@{ @"button" : @"sign-in", @"action" : @"tapped", @"userId" : @"11-3435", @"location" : @"LaunchViewController"}];

迅速 [#swift]

let eventRecorded = NewRelic.recordBreadcrumb("user 11-3435 tapped sign-in from LaunchViewController",
attributes:["button" : "sign-in", "userId" : "11-3435", "action" : "tapped", "location" : "LaunchViewController"])

構文

recordBreadcrumb(options: { name: string; eventAttributes: object; }) => void

説明 [#description]

この呼び出しは、 MobileBreadcrumbイベントを作成して記録します。このイベントは、NRQLおよびクラッシュイベントトレイルで照会できます。モバイルブレッドクラムはクラッシュ分析に役立ちます。クラッシュのトラブルシューティングに役立つ可能性のあるアプリアクティビティ用に作成する必要があります。

選択したカスタム属性に加えて、イベントには関連付けられた セッション属性も含まれます。setAttributeを使用する場合とは異なり、ブレッドクラム イベントに属性を追加すると、そのイベントにのみ属性が追加されます。これらはセッション属性ではありません。

パラメーター [#parameters]

パラメータ

タイプ

説明

name

string

必須項目です。パンくずイベントにつける名前。

eventAttributes

object

任意です。パンくずイベントの属性のリストを含むマップです。役に立ちそうなイベント記述子の属性を作成します。

戻り値 [#return-values]

イベントが正常に記録された場合はtrueを返し、そうでない場合はfalseを返します。

[#example]

NewRelicCapacitorPlugin.recordBreadcrumb({ name: "shoe", eventAttributes: {"shoeColor": "blue","shoesize": 9,"shoeLaces": true} });

構文

recordBreadcrumb(eventName: string, attributes?: {[key: string]: boolean | number | string}): void;

説明 [#description]

この呼び出しは、 MobileBreadcrumbイベントを作成して記録します。このイベントは、NRQLおよびクラッシュイベントトレイルで照会できます。モバイルブレッドクラムはクラッシュ分析に役立ちます。クラッシュのトラブルシューティングに役立つ可能性のあるアプリアクティビティ用に作成する必要があります。

選択したカスタム属性に加えて、イベントには関連付けられた セッション属性も含まれます。setAttributeを使用する場合とは異なり、ブレッドクラム イベントに属性を追加すると、そのイベントにのみ属性が追加されます。これらはセッション属性ではありません。

パラメーター [#parameters]

パラメータ

タイプ

説明

eventName

必須項目です。パンくずイベントにつける名前。

Attributes

object

任意です。パンくずイベントの属性のリストを含むマップです。役に立ちそうなイベント記述子の属性を作成します。

戻り値 [#return-values]

イベントが正常に記録された場合はtrueを返し、そうでない場合はfalseを返します。

[#example]

NewRelic.recordBreadcrumb("shoe", {"shoeColor": "blue","shoesize": 9,"shoeLaces": true});

構文

RecordBreadcrumb(string name, Dictionary<string, object> attributes): bool;

説明 [#description]

この呼び出しは、 MobileBreadcrumbイベントを作成して記録します。このイベントは、NRQLおよびクラッシュイベントトレイルで照会できます。モバイルブレッドクラムはクラッシュ分析に役立ちます。クラッシュのトラブルシューティングに役立つ可能性のあるアプリアクティビティ用に作成する必要があります。

選択したカスタム属性に加えて、イベントには関連付けられた セッション属性も含まれます。setAttributeを使用する場合とは異なり、ブレッドクラム イベントに属性を追加すると、そのイベントにのみ属性が追加されます。これらはセッション属性ではありません。

パラメーター [#parameters]

パラメータ

タイプ

説明

name

string

必須項目です。パンくずイベントにつける名前。

Attributes

Dictionary

任意です。パンくずイベントの属性のリストを含むマップです。役に立ちそうなイベント記述子の属性を作成します。

戻り値 [#return-values]

イベントが正常に記録された場合はtrueを返し、そうでない場合はfalseを返します。

[#example]

CrossNewRelic.Current.RecordBreadcrumb("MAUIExampleBreadcrumb", new Dictionary<string, object>()
{
{"BreadNumValue", 12.3 },
{"BreadStrValue", "MAUIBread" },
{"BreadBoolValue", true }
}
);

構文

recordBreadcrumb(String name,{Map<String, dynamic>? eventAttributes}): void;

説明 [#description]

この呼び出しは、 MobileBreadcrumbイベントを作成して記録します。このイベントは、NRQLおよびクラッシュイベントトレイルで照会できます。モバイルブレッドクラムはクラッシュ分析に役立ちます。クラッシュのトラブルシューティングに役立つ可能性のあるアプリアクティビティ用に作成する必要があります。

選択したカスタム属性に加えて、イベントには関連するセッション属性も含まれます。setAttributeを使用する場合とは異なり、ブレッドクラム イベントに属性を追加すると、そのイベントにのみ追加されます。これらはセッション属性ではありません。

パラメーター [#parameters]

パラメータ

タイプ

説明

name

string

必須項目です。パンくずイベントにつける名前。

eventAttributes

Dictionary

任意です。パンくずイベントの属性のリストを含むマップです。役に立ちそうなイベント記述子の属性を作成します。

戻り値 [#return-values]

イベントが正常に記録された場合はtrueを返し、そうでない場合はfalseを返します。

[#example]

NewrelicMobile.instance.recordBreadcrumb("Button Got Pressed on Screen 3");

構文

recordBreadcrumb(name: string, attributes?: {[key: string]: any}): void;

説明 [#description]

この呼び出しは、 MobileBreadcrumbイベントを作成して記録します。このイベントは、NRQLおよびクラッシュイベントトレイルで照会できます。モバイルブレッドクラムはクラッシュ分析に役立ちます。クラッシュのトラブルシューティングに役立つ可能性のあるアプリアクティビティ用に作成する必要があります。

選択したカスタム属性に加えて、イベントには関連するセッション属性も含まれます。setAttributeを使用する場合とは異なり、ブレッドクラム イベントに属性を追加すると、そのイベントにのみ追加されます。これらはセッション属性ではありません。

パラメーター [#parameters]

パラメータ

タイプ

説明

name

string

必須項目です。パンくずイベントにつける名前。

Attributes

Dictionary

任意です。パンくずイベントの属性のリストを含むマップです。役に立ちそうなイベント記述子の属性を作成します。

戻り値 [#return-values]

イベントが正常に記録された場合はtrueを返し、そうでない場合はfalseを返します。

[#example]

NewRelic.recordBreadcrumb("shoe", {"shoeColor": "blue","shoesize": 9,"shoeLaces": true});

構文

RecordBreadcrumb(string name, Dictionary<string, object> attributes): bool;

説明 [#description]

この呼び出しは、 MobileBreadcrumbイベントを作成して記録します。このイベントは、NRQLおよびクラッシュイベントトレイルで照会できます。モバイルブレッドクラムはクラッシュ分析に役立ちます。クラッシュのトラブルシューティングに役立つ可能性のあるアプリアクティビティ用に作成する必要があります。

選択したカスタム属性に加えて、イベントには関連するセッション属性も含まれます。setAttributeを使用する場合とは異なり、ブレッドクラム イベントに属性を追加すると、そのイベントにのみ追加されます。これらはセッション属性ではありません。

パラメーター [#parameters]

パラメータ

タイプ

説明

name

string

必須項目です。パンくずイベントにつける名前。

Attributes

Dictionary

任意です。パンくずイベントの属性のリストを含むマップです。役に立ちそうなイベント記述子の属性を作成します。

戻り値 [#return-values]

イベントが正常に記録された場合はtrueを返し、そうでない場合はfalseを返します。

[#example]

CrossNewRelicClient.Current.RecordBreadcrumb("XamarinExampleBreadcrumb", new Dictionary<string, object>()
{
{"BreadNumValue", 12.3 },
{"BreadStrValue", "XamBread" },
{"BreadBoolValue", true }
}
);

構文

RecordBreadcrumb(string name, Dictionary<string, object> attributes): bool;

説明 [#description]

この呼び出しは、 MobileBreadcrumbイベントを作成して記録します。このイベントは、NRQLおよびクラッシュイベントトレイルで照会できます。モバイルブレッドクラムはクラッシュ分析に役立ちます。クラッシュのトラブルシューティングに役立つ可能性のあるアプリアクティビティ用に作成する必要があります。

選択したカスタム属性に加えて、イベントには関連する セッション属性も含まれます。setAttributeを使用する場合とは異なり、ブレッドクラム イベントに属性を追加すると、そのイベントにのみ追加されます。これらはセッション属性ではありません。

パラメーター [#parameters]

パラメータ

タイプ

説明

name

string

必須項目です。パンくずイベントにつける名前。

Attributes

Dictionary

任意です。パンくずイベントの属性のリストを含むマップです。役に立ちそうなイベント記述子の属性を作成します。

戻り値 [#return-values]

イベントが正常に記録された場合はtrueを返し、そうでない場合はfalseを返します。

[#example]

Dictionary<string, object> dic = new Dictionary<string, object>();
dic.Add("Unity Attribute", "Data1");
NewRelicAgent.RecordBreadCrumb("Unity BreadCrumb Example", dic);
Copyright © 2024 New Relic Inc.

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.