• ログイン無料アカウント

本書は、お客様のご参考のために原文の英語版を機械翻訳したものです。

英語版と齟齬がある場合、英語版の定めが優先するものとします。より詳しい情報については、本リンクをご参照ください。

問題を作成する

recordError (iOS SDK API)

構文

recordError:(NSError* _Nonnull)error attributes:(NSDictionary* _Nullable)attributes;
NewRelic.recordError(error: $Error, map $eventAttributes);

Swift のエラーと NSErrors を MobileHandledException イベントとして記録します。オプションで、コンテキストを示す追加の属性を持つマップを取ります。

要件

エージェント バージョン 6.0.0 以上.

説明

クラッシュ分析にはrecordError API呼び出しを使用できます。キャプチャされたイベントを確認して、アプリがエラーをスローする頻度と条件を理解するのに役立ててください。追加したカスタム属性に加えて、イベントにはセッション属性も関連付けられます。

このAPIは、 NSErrorのインスタンスとオプションのNSDictionary属性ディクショナリを取得してから、 recordHandledExceptionイベントを作成します。処理された例外ページクラッシュイベントトレイルなどの場所で、モバイルモニタリングUIのイベントデータを表示できます。このデータをNRQLでクエリし、NewRelicダッシュボードでグラフ化することもできます。

このAPIの使用方法については、カスタムアトリビュートとイベントの送信に関するドキュメントを参照してください。

パラメーター

パラメータ

説明

$error

NSError, Error

必要です。投げられたエラーオブジェクト。

$attributes​

NSDictionary, [AnyHashable, Any]?

任意です。コンテキストを与える属性の辞書。

戻り値

エラーが正常に記録された場合はtrueを返し、そうでない場合はfalseを返します。

Objective-C

方法です。

+ (void) recordError:(NSError* _Nonnull)error attributes:(NSDictionary* _Nullable)attributes;
+ (void) recordError:(NSError* _Nonnull)error;

例:

シンプルなObjective-Cの例。

[NSJSONSerialization JSONObjectWithData:data
options:opt
error:error];
if (error) {
[NewRelic recordError:error];
}

辞書を使ったObjective-Cの例。

[NSJSONSerialization JSONObjectWithData:data
options:opt
error:error];
if (error) {
[NewRelic recordError:error withAttributes:@{@"int": @1,
@"Test Group" : @"A | B"}];
}

Swift

方法:

func recordError(error: Error)
func recordError(error: Error, attributes: [ AnyHashable : Any]?)

例:

シンプルなSwiftの例。

do {
try method()
} catch {
NewRelic.recordError(error)
}

辞書付きのSwiftの例。

do {
try method()
} catch {
NewRelic.recordError(error, attributes: [ "int" : 1, "Test Group" : "A | B" ])
}
Copyright © 2022 New Relic Inc.