• ログイン無料アカウント

本書は、お客様のご参考のために原文の英語版を機械翻訳したものです。

英語版と齟齬がある場合、英語版の定めが優先するものとします。より詳しい情報については、本リンクをご参照ください。

問題を作成する

recordHandledException (iOS SDK API)

構文

recordHandledException:(NSException* __nonnull)exception withAttributes:(NSDictionary* __nullable)attributes;

処理された例外を記録します。オプションで、コンテキストを示す追加の属性を持つマップを取ります。

要件

エージェント バージョン 5.15.0 以上.

説明

recordHandledException API はクラッシュ分析に役立ちます。キャプチャーされたイベントは、アプリケーションがどのような条件でどのくらいの頻度で例外をスローしているかを理解するのに役立ちます。イベントには、関連するカスタム属性に加えて、関連する セッション属性 があります。

この API は、 NSException のインスタンスと、オプションの NSDictionary 属性辞書を受け取り、 recordHandledException イベントを作成します。イベントデータは、 Crash event trail UI で見ることができ、NRQL で問い合わせることができます。

このAPIの使用方法については、カスタムアトリビュートとイベントの送信に関するドキュメントを参照してください。

パラメータ

パラメーター

説明

$exception

NSException

必要です。投げられた例外オブジェクト。

$attributes

NSDictionary

任意です。コンテキストを与える属性の辞書。

戻り値

処理された例外の記録に成功した場合は true を、失敗した場合は false を返します。

Objective-C

方法です。

+ (BOOL) recordHandledException:(NSException* __nonnull)exception withAttributes:(NSDictionary* __nullable)attributes;
+ (BOOL) recordHandledException:(NSException* __nonnull)exception;

例:

シンプルなObjective-Cの例。

@try {
@throw [NSException exceptionWithName:@"versionException"
reason:@"App version no longer supported"
userInfo:nil];
} @catch (NSException* e) {
[NewRelic recordHandledException:e];
}

辞書を使ったObjective-Cの例。

NSException *exception = [NSException exceptionWithName:@"MyException" reason:@"I have my reason" userInfo:nil];
NSDictionary* dictionary = @{@"int": @1,
@"Test Group" : @"A | B"};
[NewRelic recordHandledException:exception withAttributes:dictionary];
Copyright © 2022 New Relic Inc.