• ログイン無料アカウント

本書は、お客様のご参考のために原文の英語版を機械翻訳したものです。

英語版と齟齬がある場合、英語版の定めが優先するものとします。より詳しい情報については、本リンクをご参照ください。

問題を作成する

recordBreadcrumb(iOS SDK API)

構文

recordBreadcrumb:(NSString* __nonnull)name attributes:(NSDictionary* __nullable)attributes;
NewRelic.recordBreadcrumb(string $Name, map $eventAttributes)

MobileBreadcrumbイベントを記録し、クラッシュ分析に役立ちます。

要件

エージェント バージョン 5.13.0 以上.

説明

この呼び出しにより、 MobileBreadcrumb イベントが作成され、記録されます。このイベントは、Insights および クラッシュイベントトレイル で確認できます。Mobile Breadcrumbはクラッシュ分析に役立ちます。クラッシュのトラブルシューティングに役立つと思われるアプリのアクティビティに対して作成してください。

カスタム属性に加えて、そのイベントには セッション属性 が関連付けられています。 setAttribute とは異なり、パンくずイベントに属性を追加すると、そのイベントにのみ属性が追加され、セッション属性にはなりません。

この呼び出しを使用すると、 recordCustomEvent 呼び出し MobileBreadcrumb as the event type を使用した場合と同じ結果になります。このAPIの使用方法については、カスタム属性やイベントをInsights forに送信する際のドキュメントを参照してください。

パラメータ

パラメーター

説明

$Name

文字列

必須項目です。パンくずイベントにつける名前。

$eventAttributes

マップ<文字列, オブジェクト>

任意です。パンくずイベントの属性のリストを含むマップです。役に立ちそうなイベント記述子の属性を作成します。

戻り値

イベントの記録に成功した場合は true を、失敗した場合は false を返します。

Objective-C

方法です。

+ (BOOL) recordBreadcrumb:(NSString* __nonnull)name attributes:(NSDictionary* __nullable)attributes;

例:

[NewRelic recordBreadcrumb:@"user 11-3435 tapped sign-in button on LaunchViewController"
attributes:@{ @"button" : @"sign-in", @"action" : @"tapped", @"userId" : @"11-3435", @"location" : @"LaunchViewController"}];

Swift

方法です。

NewRelic.recordBreadcrumb(Name: String!, attributes:[NSObject : AnyObject]!) -> Bool

例:

let eventRecorded = NewRelic.recordBreadcrumb("Name",
attributes: ["attributeName1" : "value1", "attributeName2": 2])
let eventRecorded = NewRelic.recordBreadcrumb("user 11-3435 tapped sign-in from LaunchViewController"
attributes:["button" : "sign-in", "userId" : "11-3435", "action" : "tapped", "location" : "LaunchViewController"])
Copyright © 2022 New Relic Inc.