• ログイン今すぐ開始

本書は、お客様のご参考のために原文の英語版を機械翻訳したものです。

英語版と齟齬がある場合、英語版の定めが優先するものとします。より詳しい情報については、本リンクをご参照ください。

問題を作成する

recordHandledException(Android SDK API)

構文

NewRelic.recordHandledException(Exception $exceptionToHandle)
NewRelic.recordHandledException(Exception $exceptionToHandle, Map of String, Object $exceptionAttributes)

処理された例外を記録します。オプションで、コンテキストを示す追加の属性を持つマップを取ります。

要件

エージェント バージョン 5.15.0 以上.

説明

recordHandledException()try{...} catch(){...} ブロック内で使用することで、アプリケーションがどのくらいの頻度で、どのような状況で例外を投げているのかを把握することができます。

  1. New Relic SDK API for Android をインポートします。

    import com.newrelic.agent.android.NewRelic;
  2. アプリのコードで例外を記録し、オプションでコンテキスト属性のマップを渡します。

    NewRelic.recordHandledException(Exception $exceptionToHandle, Map of String, Object $exceptionAttributes);

関連するカスタム属性に加えて、イベントには関連する セッション属性 があります。イベントデータは、モバイルモニタリングUIの Crash event trail 、またはNRQL経由で見ることができます。

New Relic Android SDK API の使用に関する一般的な情報については、 使用ガイド をご参照ください。

パラメータ

パラメーター

説明

$exceptionToHandle

例外

必要です。投げられた例外オブジェクト。

$exceptionAttributes

文字列、オブジェクトのマップ

任意です。コンテキストを与える属性のマップ。

戻り値

処理された例外の記録に成功した場合は true を、失敗した場合は false を返します。

ボタン押下時の例外処理を記録

ClassCastException をオンクリックリスナー内から記録する例です。

public class MainActivity extends Activity {
...
coolButton.setOnClickListener(new View.OnClickListener() {
Map myMap = new HashMap<>();
@Override
public void onClick(View view) {
try {
myMap.put("Key", "Value");
Integer stringVar = (Integer) myMap.get("Key"); //throws ClassCastException
} catch (Exception e) {
NewRelic.recordHandledException(e, myMap);
}
}
});
...
}
Copyright © 2022 New Relic Inc.

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.