• ログイン今すぐ開始

本書は、お客様のご参考のために原文の英語版を機械翻訳したものです。

英語版と齟齬がある場合、英語版の定めが優先するものとします。より詳しい情報については、本リンクをご参照ください。

問題を作成する

recordBreadcrumb(Android SDK API)

構文

NewRelic.recordBreadcrumb(string $Name, map<string, object> $eventAttributes)

MobileBreadcrumbイベントを記録し、クラッシュ分析に役立ちます。

要件

Agentバージョン5.13.0以上。

説明

この呼び出しは、 MobileBreadcrumbイベントを作成して記録します。このイベントは、NRQLおよびクラッシュイベントトレイルで照会できます。モバイルブレッドクラムはクラッシュ分析に役立ちます。クラッシュのトラブルシューティングに役立つ可能性のあるアプリアクティビティ用に作成する必要があります。

選択したカスタム属性に加えて、イベントにはセッション属性も関連付けられます。 setAttributeを使用する場合とは異なり、ブレッドクラムイベントに属性を追加すると、そのイベントにのみ属性が追加されます。それらはセッション属性ではありません。

関連するAndroidSDKAPI呼び出しについては、 「カスタム属性とイベントの送信」を参照してください。

パラメーター

パラメータ

説明

$Name

ストリング

必須項目です。パンくずイベントにつける名前。

$eventAttributes

マップ<文字列, オブジェクト>

任意です。パンくずイベントの属性のリストを含むマップです。役に立ちそうなイベント記述子の属性を作成します。

戻り値

イベントが正常に記録された場合はtrueを返し、そうでない場合はfalseを返します。

シンプルなパンくずのイベントコール

Map attributes = new HashMap();
attributes.put("attributeName1", "value1");
attributes.put("attributeName1", 2);
boolean eventRecorded = NewRelic.recordBreadcrumb("Name", attributes);

現実的な価値を持つパンくずのイベント

Map attributes = new HashMap();
attributes.put("button", "sign-in");
attributes.put("location", "LaunchFragment");
NewRelic.recordBreadcrumb("user tapped sign in button", attributes);
Copyright © 2022 New Relic Inc.

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.