• ログイン今すぐ開始

本書は、お客様のご参考のために原文の英語版を機械翻訳したものです。

英語版と齟齬がある場合、英語版の定めが優先するものとします。より詳しい情報については、本リンクをご参照ください。

問題を作成する

モバイルークラッシュREST API v1

モバイル クラッシュ API は、New Relic に報告された モバイル アプリケーションのクラッシュ に関する情報を取得する RESTful な方法です。クラッシュの種類や発生状況に応じて、属性やスレッドデータを取得することができます。

APIを利用することができます。

  1. 直近のクラッシュタイプをGET
  2. 1つのクラッシュタイプからオカレンスIDのリストをGET
  3. 特定のオペンションIDのスレッド、ライブラリ、アトリビュートをGET

コンテンツ

前提条件

これらの例でCrash APIを使用するには、以下が必要です。

  • あなたのNew Relic Crash API Keyです。このキーをX-API-KEYヘッダーの値として渡します。
  • あなたのNew Relic アカウントID
  • あなたのモバイルモニタリング アプリケーションID

たとえば、

https://rpm.newrelic.com/accounts/{account_ID}/mobile/{mobile_application_ID}

ヒント

注意事項: X-API-KEYは1分間に600回のリクエストに制限されています。

GET モバイルクラッシュ/

目的: 最新のクラッシュタイプを返します。

GET mobile-crashes/:crash_fingerprint

目的: 最近のクラッシュフィンガープリントの詳細を返します。

GET crash-details/:occurrence_id

目的: 特定のクラッシュ発生に関する詳細を返します。

ヒント

Note: Time period matters!事故の詳細が得られない場合は、開始時刻と終了時刻を拡大してみてください。

GET thread-data/:crash_fingerprint

目的: 与えられたクラッシュフィンガープリントに対して、記号化された(iOS)または難読化された(Android)スレッドデータを返します。

レスポンスコード

ステータスコード

一般的な意味

説明

400

悪いリクエスト

リクエストパラメーターが不正または欠損しています。

401

未承認

APIキーが見つからない、または不正なAPIキー

403

禁断の

APIアクセスが有効になっていない

404

見つからない

リクエストされたリソースIDが見つからない

406

受け入れ不可

クライアントがサポートされていないコンテンツタイプを要求した

422

処理不可能なエンティティ

バリデーションエラー

500

内部サーバエラー

サーバーエラーが発生しました

200

成功

レスポンスが戻ってきた

Copyright © 2022 New Relic株式会社。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.