• ログイン今すぐ開始

本書は、お客様のご参考のために原文の英語版を機械翻訳したものです。

英語版と齟齬がある場合、英語版の定めが優先するものとします。より詳しい情報については、本リンクをご参照ください。

問題を作成する

コンテキスト内の自動ログにアップグレードする

このガイドは、以前にログ転送またはログインコンテキストを構成したことのあるお客様に適用されます。どちらの機能も構成していない場合は、 自動ログ転送とローカル装飾を利用するために、最新バージョンのAPMエージェントにアップグレードすることをお勧めします。

現在NewRelicにアプリケーションログを送信している場合、現在のログ戦略を変更せずに最新のAPM言語エージェントにアップグレードすると、重複したログを送信する可能性があります。最適な移行パスは、アプリケーションとその環境によって異なります。

既存のログフォワーダー構成に広範なデータ処理またはエンリッチメントロジックがある場合、APMエージェントから直接ログを送信するとそのステップがスキップされます。

重複ログの送信を回避するために推奨する2つの主要なアップグレードパスがあります。

  1. ログを自動的に転送する最新のAPMエージェントに更新してから、ログフォワーダーを無効にします。

    • アプリケーションのロギングフレームワーク構成を更新して、アプリケーションがステージングまたは本番用のログを書き込まないようにします。これは、ディスク上のファイル、またはサイドカーを使用してログを収集している場合はSTDOUTになります。
    • アプリケーションのログファイルの末尾にあるログフォワーダーを無効にします。アプリケーションログの収集に使用されるコンテナを無効にする
    • クラウドプロバイダーとのログ転送を無効にする
    • APMエージェントを再起動/変更を展開します
  1. ログフォワーダーでAPMエージェントを使用する(フォワーダーがすでに配置されている場合にのみ推奨)

    • APMエージェントを更新します
    • ローカルログ装飾が有効になり、ログ転送が無効になるようにAPMエージェントを構成します。
    • アプリケーションのロギングフレームワーク構成に加えられた以前の変更を元に戻して、コンテキストで手動ログを有効にします。
    • アプリケーションのログフレームワークが、アプリログをSTDOUTまたはログフォワーダーによって監視/監視されているファイルに書き込むように構成されていることを確認します。
    • APMエージェントを再起動/変更を展開します

ローカルデコレーションを有効にする

言語エージェントの最新バージョンでのローカル装飾の構成に関するドキュメントは、以下にあります。

Kubernetesを使用したアップグレード

ログインコンテキストが構成されている場合、Kubernetesログ転送 統合を使用しているお客様は、ログインコンテキストを手動で実装するときに、アプリケーションのログフレームワーク構成に加えられた変更を元に戻す必要があります。これは、統合によって実行されたKubernetesメタデータエンリッチメントを保持するために必要です。

アプリケーションのログフレームワークは、アプリケーションログをSTDOUTに書き込むように構成する必要があることに注意してください。

ログがコンテキスト化されるようにするには、APMエージェントでローカルデコレーションを有効にする必要があります。ログ転送構成を変更する必要はありません。

以下の手順に従って、Kubernetesモニタリングをアップグレードします。

  1. APMエージェントを更新します
  2. ローカルログ装飾が有効になり、ログ転送が無効になるようにAPMエージェントを構成します。
  3. アプリケーションのロギングフレームワーク構成に加えられた以前の変更を元に戻して、コンテキストで手動ログを有効にします。
  4. アプリケーションのログフレームワークが、アプリログをSTDOUTまたはログフォワーダーによって監視/監視されているファイルに書き込むように構成されていることを確認します。
  5. APMエージェントを再起動/変更を展開します
Copyright © 2022 New Relic株式会社。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.