• ログイン今すぐ開始

本書は、お客様のご参考のために原文の英語版を機械翻訳したものです。

英語版と齟齬がある場合、英語版の定めが優先するものとします。より詳しい情報については、本リンクをご参照ください。

問題を作成する

プロキシによるKubernetesの設定

プロキシとのKubernetes統合を実行している場合は、プロキシと正しく連携するように各コンポーネント(インフラストラクチャエージェント、ロギング、合成ミニオン)を設定する必要があります。

プロキシを使ったインフラストラクチャエージェントのインストール

プロキシは、 global.proxy設定オプションを設定し、すべてのkubernetes統合を同時に設定することで設定できます。グローバル構成は、 nri-bundlevalues.yamlファイルを変更することによって依存関係と共有されます。

global.proxy: https://user:password@hostname:port

これにより、すべてのインフラストラクチャエージェント、kubernetes統合、メトリクスアダプター、およびPrometheusOpenMetricsが同時に構成されます。

重要

Kubernetesインフラストラクチャオペレーターではまだプロキシをサポートしていません。

プロキシを使用してNewRelicMetricsAdapterをインストールする

プロキシによるロギング設定

Kubernetes統合にログ転送を使用している場合、プラグインはHTTP_PROXYおよびHTTPS_PROXY環境変数を自動的に検出し、それらを使用してプロキシ構成をセットアップします。詳細については、プロキシをカスタマイズする方法、またはプロキシをバイパスする方法を参照してください。

シンセティック・ミニオンがプロキシを使用するように設定する

合成ミニオンのプロキシを設定する方法については、このREADMEを確認してください。

Copyright © 2022 New Relic株式会社。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.