• ログイン今すぐ開始

本書は、お客様のご参考のために原文の英語版を機械翻訳したものです。

英語版と齟齬がある場合、英語版の定めが優先するものとします。より詳しい情報については、本リンクをご参照ください。

問題を作成する

Pixieを使用したライブデバッグ

[ Pixieを使用したライブデバッグ]タブを使用して、Pixieがクラスター上の短期ストレージに収集するテレメトリデータのフルセットをクエリします。

New Relic Pixie統合のハイブリッドストレージモデルの詳細については、こちらをご覧ください。

Kubernetesクラスターエクスプローラーの[ Pixieを使用したライブデバッグ]タブ。

[ Pixie]タブを使用したライブデバッグには、PixieUIの埋め込みビューが含まれています。Pixieのビューは、eBPFによってキャプチャされたテレメトリデータをクエリおよび視覚化するためのPxLスクリプト(PixieのPxL言語で記述されたスクリプト)を利用しています。

Pixieは、デバッグを可能にする多くのオープンソースPxLスクリプトを提供しています。

PxLスクリプトを実行する

重要

最良の結果を得るには、[ Pixieを使用したライブデバッグ]タブを使用するときにタイムピッカーで5 minutesを選択します。最近ではないPixieデータを調べるには、 ExplorePixieデータセクションを確認してください。

[ Pixie]タブを使用したライブデバッグでスクリプトを実行するには、次の手順に従います。

  1. scriptドロップダウンメニューからスクリプトを選択します。
  2. 必要なスクリプト引数を入力します。必須の引数は、引数名の横に*で示されます。
  3. 右上のRUNボタンを使用するか、キーボードショートカットctrl+enter (Windows、Linux)またはcmd+enter (Mac)を使用してスクリプトを実行します。

Pixieのビューには、Kubernetesエンティティ間を簡単に移動できるディープリンクが含まれています。

たとえば、 px/clusterスクリプトのNodesテーブル(上の図)は、クラスター内のすべてのノードのリストを出力します。ノードをクリックすると、その特定のノードのpx/nodeスクリプトが表示されます。px/nodeスクリプトは、特定のノードのポッド、CPUとメモリの使用量、およびネットワークトラフィックの概要を示します。

PxLスクリプトを変更する

既存のPxLスクリプトを変更する方法、または独自のカスタムPxLスクリプトを作成する方法については、このデモをご覧ください。

Copyright © 2022 New Relic株式会社。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.