• ログイン今すぐ開始

本書は、お客様のご参考のために原文の英語版を機械翻訳したものです。

英語版と齟齬がある場合、英語版の定めが優先するものとします。より詳しい情報については、本リンクをご参照ください。

問題を作成する

Pixieデータを調べる

Pixieによって収集された自動テレメトリは、NewRelicのUI全体にあります。Pixieテレメトリデータを使用して、次のことを行います。

New Relic の UI は、短期ストレージと長期ストレージの両方から Pixie テレメトリ データを取得します。New Relic Pixie 統合のハイブリッド ストレージ モデルの詳細については、こちらをご覧ください。

サービスの状態を監視する

Pixieは、1つのエンドポイントがクラスターの外部にある場合でも、サービス間で送信されたHTTP(HTTP / 2を含む)要求を自動的にトレースします。

New Relic Pixie統合は、OpenTelemetryプロトコルを使用して、HTTPスパンをPixieからNewRelicにエクスポートして長期保存します。サービス-OpenTelemetryビューには、Pixieによって自動的に識別されたサービスが、サービスの応答時間、スループット、およびエラー率の概要とともに一覧表示されます。

サービス-OpenTelemetryビューには、Pixieによって識別されたすべてのサービスが、高レベルの遅延、エラー、およびスループットの詳細とともに一覧表示されます。

このリストからサービスを選択すると、サービスの概要ビューが開き、このサービスに対して行われたすべてのHTTP要求の応答時間、スループット、およびエラー率のグラフが表示されます。

OpenTelemetryサービスの概要ビューには、時間の経過に伴う応答時間、スループット、およびエラー率のグラフが表示されます。

OpenTelemetry サービス ビューから、左側のサイドバーにある [サービス マップ] タブを選択します。このサービス マップ ビューは、サービスが通信するすべてのエンティティのグラフを表示することで、アプリケーションの依存関係を視覚化するのに役立ちます。

OpenTelemetry Serviceのマップビューは、アプリケーションの依存関係を視覚化するのに役立ちます。

OpenTelemetryサービスの[トランザクション]タブには、サービスが要求するさまざまなエンドポイントが表示されます。応答時間またはスループットでエンドポイントを並べ替えることができます。

OpenTelemetryトランザクションタブに表示されるPixieデータ。

[データベース]タブには、サービスが行うデータベース要求が表示されます。

OpenTelemetryデータベースタブに表示されるPixieデータ。

Pixieを利用したサービスヘルス情報は、Kubernetesクラスターエクスプローラー(KCE)ビューからも見つけることができます。KCEの概要ビューには、Pixieによって自動的に識別されたすべてのサービスが含まれます。

Kubernetesクラスターエクスプローラーは、Pixieによって識別されたサービスを表示します。

サービスを選択すると、Pixieによって収集されたHTTPスループット、エラーレート、および応答時間のデータを含むサービス詳細サイドバーが表示されます。

Kubernetesクラスターエクスプローラーのポッド詳細ページには、Pixieによって収集されたアプリケーションメトリックが表示されます。

サービス詳細ビューの下部にある[関連エンティティ]セクションの[マップビュー]ボタンを選択します。

このマップ ビューは、サービスが通信するすべてのエンティティのグラフを表示することで、アプリケーションの依存関係を視覚化するのに役立ちます。

ポッドの詳細ビューに表示されるサービスマップは、Pixieによって収集されたHTTPトレースを使用して作成されます。

サービスの詳細ビューの上部にある[Pixieのメトリックを確認]を選択して、[Pixieを使用したライブデバッグ]タブのpx/serviceスクリプトに移動します。px/service scriptは、このサービスパフォーマンス統計の概要と、クラスターに保存されている短期間のPixieデータを使用したインバウンドリクエストを示しています。

ポッドアプリケーションのCPUプロファイルを参照してください

Pixieの継続的なプロファイリング機能を使用して、CPU使用率の急上昇を調査したり、アプリケーションコード内のパフォーマンスの問題を特定したりできます。

Kubernetesクラスターエクスプローラービューにリストされているポッドを選択して、ポッドの詳細ビューを表示します。

Kubernetesクラスターエクスプローラーのポッド詳細ビューには、Pixieでフレームグラフを確認するオプションがあります。

ポッドの詳細ビューから、[ピクシーのフレームグラフを確認する]オプションを選択して、ピクシーがクラスターの短期ストレージに保存する豊富なデータセットを使用してCPUプロファイルを表示します。

Pixieを使用して、KubernetesポッドのCPUフレームグラフを確認します。

KubernetesノードのCPUフレームグラフを表示するには、[Pixieを使用したライブデバッグ]タブでpx/nodeスクリプトを使用します。このビューの一番下までスクロールして、ノードのCPUフレームグラフを確認します。

連続プロファイリングチュートリアルで、ピクシーのCPUフレームグラフを操作する方法を学びます。

ネットワークの問題を監視する

Pixieを使用して、アプリケーションレイヤーとインフラストラクチャレイヤーとともにKubernetesネットワークを監視できます。

Kubernetesクラスタエクスプローラの[概要]タブには、 Pixieセクションを使用したKubernetesネットワークモニタリングが含まれています。このセクションでリンクされている各ビューは、クラスターの短期ストレージに保存されている豊富なPixieテレメトリデータのセットを利用しています。

KubernetesネットワークモニタリングにはPixieを使用してください。

[スポットDNSの問題]リンクには、クラスター内のすべてのDNS要求のグラフが表示されます。グラフの任意のエッジにカーソルを合わせると、レイテンシとスループットの情報が表示されます。

PixieのDNSフローグラフを使用して、クラスター内のDNSの問題を特定します。

[ TCP 再送信参照] および [ドロップされたパケットを参照] リンクには、クラスター内の TCP 再送信と TCP ドロップのグラフが表示されます。これらのビューの結果を表示するには、 RUNボタンを押す必要があることに注意してください。TCP ドロップの出力は次のとおりです。

Pixieを使用したクラスター内のTCPドロップとTCP再送信を確認してください。

上記のPixieビューを使用したKubernetesネットワークモニタリングはpx/dns_flow_graphpx/tcp_drops 、およびpx/tcp_retransmitsスクリプトを使用した[Pixie]タブを使用したライブデバッグでも確認できます。これらのスクリプトにはオプションの引数があり、出力をフィルタリングしてエンティティを選択できます。

フルボディのリクエストを検査する

Pixie を使用して、 選択したプロトコルに対してアプリケーションによって行われたフルボディのリクエストとレスポンスを検査できます。

Pixie によってトレースされたプロトコルは、All entities ページの Other entitiesセクションに表示されます。

ピクシー エンティティは、[その他のエンティティ] セクションの下に表示されます。

重要

これらの Pixie エンティティのいずれかが欠落している場合は、 Pixie Ingest 構成のカスタマイズをチェックして、プロトコルの取り込みを無効にしていないことを確認してください。

DNS - Pixieエンティティ リストから項目を選択すると、概要ビューが開きます。このビューには、応答時間、スループット、およびエラー率のグラフと、このサービスによって作成されたフルボディ DNS 要求のサンプルが表示されます。

Pixie DNS エンティティは、Pixie によってトレースされたフルボディの DNS 要求と応答のペアを示しています。

Copyright © 2022 New Relic Inc.

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.