• ログイン今すぐ開始

本書は、お客様のご参考のために原文の英語版を機械翻訳したものです。

英語版と齟齬がある場合、英語版の定めが優先するものとします。より詳しい情報については、本リンクをご参照ください。

問題を作成する

オンホスト統合におけるリモートモニタリング

New Relic の観点からは、 エンティティ は幅広い概念です。エンティティとは、New Relic が識別できるもので、監視できるデータを持つものを指します。

インテグレーションは、 remote_monitoring オプションを true に設定することで、 リモートエンティティと呼ばれる独自のエンティティを作成するように設定できます。 false に設定すると、統合はローカルエンティティとみなされ、統合に関連するデータは、エージェントが作成するホストエンティティに添付されます。リモートモニタリングには、インフラストラクチャエージェント バージョン 1.2.25 以上が必要です

**Apache, Cassandra, MySQL, NGINX, Redis インテグレーションについては、構成パラメータ remote_monitoring を有効にすることで、リモートモニタリング(および マルチテナンシー )が有効になります。

重要

Apache、Cassandra、MySQL、NGINX、またはRedisのサービスがエージェントと同じホストにある場合、リモートモニタリングを有効にすると、結果として生じるエンティティは、実際の場所にかかわらず、リモートとみなされます。これはアラートに影響を与えたり、属性を変更したり、その他の効果があります。

remote_monitoringを起動したときの効果 [#effects-activating-remote-monitoring]remote_monitoring を有効にすると、統合はインフラストラクチャエージェントに接続されていない別のエンティティになります。その結果、以下の項目が影響を受ける可能性があります。

Copyright © 2022 New Relic Inc.

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.