• ログイン今すぐ開始

本書は、お客様のご参考のために原文の英語版を機械翻訳したものです。

英語版と齟齬がある場合、英語版の定めが優先するものとします。より詳しい情報については、本リンクをご参照ください。

問題を作成する

オン・ホスト・インテグレーションの構成概要

New Relic の オン・ホスト・インテグレーション は、インフラストラクチャ・エージェントにデータを送信し、そのデータは New Relic に送信されます。インテグレーションがエージェントとどのようにやりとりするかは、各インテグレーションのコンフィグによって制御されます。

設定について理解を深めることは、オンホストの統合に関する問題のトラブルシューティングに役立ちます。

設定方法の概要

New Relic の オンホスト・インテグレーション は、 インフラストラクチャ・エージェント によって実行される外部プログラムです。各インテグレーションは、 特定のサービスを監視します 。インテグレーションには、最低でも以下のファイルがあります。

  • エージェントが期待するJSON形式で様々な タイプのデータ をエクスポートする 実行可能な
  • 1つまたは複数のYAML形式の設定ファイル(例えば、 Apache統合設定) 。(フォーマットの問題を避けるために、 linting YAML設定ファイルを使用する前にお勧めします。)

なお、特定のオンホストインテグレーションの設定に加えて、 インフラストラクチャエージェントの設定も編集することができます。.

設定ファイルの場所

標準的なオンホスト統合インストールでは、設定はインフラストラクチャエージェントのディレクトリにあります。エージェントは、自身の設定ファイル の 設定によって、この設定場所を決定します。

いくつかの実装では、統合の構成が別の場所に配置されます。例えば

設定フォーマット

オンホスト統合では、2つの設定形式を使用します。

  • 標準: 2019年12月より、 インフラストラクチャエージェントバージョン1.8.0 は、一部の統合で使用される新しいフォーマットのサポートを開始しました。この形式では、単一の設定ファイルを使用し、その他の改善が行われています。詳細については、 標準構成 を参照してください。
  • Legacy: これは、ほとんどのオンホスト統合で使用されている形式です。この構成では、定義ファイルと設定ファイルの2つのファイルを使用します。詳細については、 Legacy configuration をご覧ください。
Copyright © 2022 New Relic株式会社。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.