• English日本語한국어
  • ログイン今すぐ開始

この機械翻訳は参考用に提供されます。

英語版と翻訳版に矛盾がある場合は、英語版が優先されます。詳細については、こちらのページをご覧ください。

問題を作成する

PostgreSQLモニタリングの統合

New Relic PostgreSQL オンホスト統合 は、お使いの PostgreSQL インスタンスから New Relic プラットフォームにインベントリメトリクスを受信・送信し、主要なパフォーマンスメトリクスを集約・可視化することができます。インスタンス、データベース、クラスターからのデータは、問題の原因を見つけるのに役立ちます。

PostgreSQL監視統合をインストールするには、次の手順を実行する必要があります。

  1. インテグレーションのインストールとアクティブ化
  2. インテグレーションの設定
  3. PostgreSQL のユーザと権限.
  4. データの検索と使用
  5. 必要に応じて、 PostgreSQLの構成設定を参照してください。

重要

最善の結果を得るため、インテグレーションパッケージの更新Infrastructureエージェントの更新を定期的に実施してください。

互換性と要件

PostgreSQLのバージョン

私たちの統合は、バージョン 16 まで PostgreSQL と互換性があります。

サポートされているマネージド サービス

  • アマゾン RDS
  • アズール フレキシブル

対応するオペレーティング・システム

  • ウィンドウズ

    Windows
  • Linux

    Linux

特定のWindowsおよびLinuxバージョンの包括的なリストについては、 互換性のあるオペレーティングシステムの表を確認してください。

システム要求

インテグレーションのインストールとアクティブ化

PostgreSQLとの統合をインストールするには、お使いの環境に応じた手順で行ってください。

Linuxのインストール

  1. インフラストラクチャ エージェントをインストールしINTEGRATION_FILE_NAME変数をnri-postgresqlに置き換えます。

  2. を実行して、integrationsのコンフィギュレーション・フォルダーにディレクトリを変更します。

    bash
    $
    cd /etc/newrelic-infra/integrations.d
  3. 以下を実行して、サンプルの設定ファイルをコピーします。

    bash
    $
    sudo cp postgresql-config.yml.sample postgresql-config.yml
  4. お気に入りのエディタで postgresql-config.yml 構成ファイルを編集します。いくつかの 構成ファイルの例を確認してください。

  5. インフラストラクチャエージェントを再起動する前に、必要な機能に対するREAD権限を持つユーザーを作成します

  6. Postgresqlの自動解析と転送を有効にするには、 postgresql-log.yml.exampleファイルをコピーするか、名前をpostgresql-log.ymlに変更します。エージェントを再起動する必要はありませんが、デフォルトの場所を使用していない場合は、postgresqlログファイルの場所でYMLファイルを更新する必要がある場合があります。

    例えば:

    bash
    $
    sudo cp /etc/newrelic-infra/logging.d/postgresql-log.yml.example /etc/newrelic-infra/logging.d/postgresql-log.yml
    $
    ```

その他の環境

その他の注意事項:

このドキュメントはインストールで役立ちましたか。

統合を構成する

統合の設定方法は、インストールした方法によって、いくつかあります。

  • 経由で有効にした場合

    Kubernetes

    Kubernetes、Kubernetesで実行されているサービスを監視するをご覧ください

  • 経由で有効にした場合

    ECS

    Amazon ECS 、 ECSで実行されているサービスを監視する

  • ホストにインストールされている場合は、統合のYAML構成ファイルpostgresql-config.ymlの構成を編集します。統合のYAML形式の構成では、必要なログインクレデンシャルを配置し、データの収集方法を構成できます。どのオプションを変更するかは、設定と設定によって異なります。構成ファイルには、 intervaltimeoutinventory_sourceなど、すべての統合に適用できる共通の設定があります。これらの一般的な設定についてすべて読むには、 構成フォーマットのドキュメントを参照してください。

重要

従来の設定ファイルや定義ファイルをお使いの場合は、 標準設定フォーマット をご確認ください。

PostgreSQLに関連する特定の設定は、構成ファイルのenvセクションを使用して定義されます。これらの設定は、PostgreSQLインスタンスへの接続、およびその他のセキュリティ設定と機能を制御します。有効な設定のリストについては、このドキュメントの次のセクションで説明します。

PostgreSQLのユーザーとパーミッション

以下にSELECT権限を持つユーザーを作成します。

  • pg_stat_database
  • pg_stat_database_conflicts
  • pg_stat_bgwriter

PostgreSQL統合用のユーザーを作成するには:

CREATE USER new_relic WITH PASSWORD MY_PASSWORD;
GRANT SELECT ON pg_stat_database TO new_relic;
GRANT SELECT ON pg_stat_database_conflicts TO new_relic;
GRANT SELECT ON pg_stat_bgwriter TO new_relic;

これにより、PostgreSQLインスタンスに関連するグローバルメトリクスを収集することができます。

テーブルとインデックスに関連するメトリック(たとえば、テーブルサイズとインデックスサイズ)も取得する場合、統合で使用されるPostgreSQLロール( new_relic )には、メトリックを収集するテーブルに対するSELECT権限も必要です。から。たとえば、統合でデータベース(パブリックschema内)に存在するすべてのテーブルとインデックスからメトリックを収集できるようにするには、次を使用します。

GRANT SELECT ON ALL TABLES IN SCHEMA public TO new_relic;

PostgreSQLカスタムクエリ構成ファイルからクエリレベルのメトリックも取得する場合は、統合( new_relic )で使用されるPostgreSQLロールを( pg_read_all_stats )ロールに追加する必要があります。これは、ユーザーが( pg_stat_statements )拡張子を利用しているためです。

GRANT pg_read_all_stats TO new_relic;

pg_stat_statements拡張機能を有効にするには、クエリプロンプトから手動で作成する必要がある場合があります。

CREATE EXTENSION pg_stat_statements;

postgresql-config.yml サンプルファイル

オンホスト統合構成の一般的な構造の詳細については、「 構成」を参照してください。

統合のための構成オプション

データを検索して使用する方法の詳細については、 PostgreSQLの構成設定を参照してください。

データを見つけて使用する

このサービスからのデータは、 統合ダッシュボードに報告されます。

メトリックは、これらのイベントタイプに関連付けられています。

トラブルシューティングの目的で、またはカスタムチャートとダッシュボードを作成するために、このデータをクエリできます。

データを検索して使用する方法の詳細については、統合データを理解する方法を参照してください。

統合によって収集されたメトリック

PostgreSQL統合は、次のメトリックを収集します。一部のメトリック名には、 db.index.などのカテゴリインジケーターとピリオドが接頭辞として付けられます。

Copyright © 2024 New Relic Inc.

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.