• EnglishEspañol日本語한국어Português
  • ログイン今すぐ開始

この機械翻訳は参考用に提供されます。

英語版と翻訳版に矛盾がある場合は、英語版が優先されます。詳細については、このページ を参照してください。

問題を作成する

PostgreSQL統合の構成設定

この統合はオープン ソース ソフトウェアです。つまり、ソース コードを参照して改善を送信したり、独自のフォークを作成してビルドしたりできます。

PostgreSQLインスタンスの設定

PostgreSQL統合は、Metrics (M) とInventory (I) の両方の情報を収集します。次の表の Applies To 列は、特定のコレクションごとにどの設定を使用できるかを示しています。

設定

説明

に適用されます

HOSTNAME

PostgreSQL接続のホスト名。デフォルトは localhost です。

M / I

PORT

PostgreSQLが動作しているポート。デフォルトは5432。

M / I

USERNAME

PostgreSQL接続のユーザー名 必須。

M / I

PASSWORD

PostgreSQL接続のパスワード。 必須。

M / I

COLLECTION_LIST

JSON配列、JSONオブジェクト、または収集するエンティティを指定する文字列リテラルALL 。 PostgreSQLユーザーは、 SELECT権限を持つテーブルからのみテーブルとインデックスのメトリックを収集できます。

PgBouncerを除く必須。

重要

これは、 CUSTOM_METRICS_QUERYまたはCUSTOM_METRICS_CONFIGで構成されたカスタム クエリには適用されません。

ヘルプについては、次の例を参照してください。

M

COLLECTION_IGNORE_DATABASE_LIST

メトリック収集で無視されるデータベース名のJSON配列。通常、 COLLECTION_LISTALLに設定されていて、一部のデータベースを無視する必要がある場合に役立ちます。デフォルトは[]です。

重要

これは、 CUSTOM_METRICS_QUERYまたはCUSTOM_METRICS_CONFIGで構成されたカスタム クエリには適用されません。

M

PGBOUNCER

pgbouncerメトリックを収集します。デフォルトはfalseです。

M

ENABLE_SSL

SSLを有効にするかどうかを決定します。 trueの場合、 ssl_cert_locationssl_key_locationが必要です。デフォルトはfalseです。

M / I

TRUST_SERVER_CERTIFICATE

trueの場合、サーバー証明書はSSLに対して検証されません。 falseの場合、 ssl_root_cert_locationで識別されるサーバー証明書が検証されます。デフォルトはfalseです。

M / I

SSL_ROOT_CERT_LOCATION

PEMでエンコードされたルート証明書ファイルへの絶対パス。 trust_server_certificatefalseの場合に必要です。

M / I

SSL_CERT_LOCATION

PEMでエンコードされたクライアント証明書ファイルへの絶対パス。 enable_ssltrueの場合に必要です。

M / I

SSL_KEY_LOCATION

PEMでエンコードされたクライアントキーファイルへの絶対パス。 enable_ssltrueの場合に必要です。

M / I

TIMEOUT

接続の最大待機時間(秒単位)。タイムアウトなしの場合は0に設定します。デフォルトは10です。

M / I

DATABASE

接続するPostgreSQLデータベース。デフォルトはpostgresです。

M / I

CUSTOM_METRICS_QUERY

columns metric_namemetric_type 、およびmetric_value.metric_typeを必要とするSQLクエリは、 gaugeratedelta 、またはattributeにすることができます。クエリで収集された追加の列は、属性としてメトリックセットに追加されます。

M

CUSTOM_METRICS_CONFIG

カスタムクエリのリストと、そのメトリックタイプ、データベース、およびサンプル名のオーバーライドを含むYAMLファイルへのパス。詳しくは examples をご覧ください。

M

COLLECT_DB_LOCK_METRICS

データベースロックメトリックの収集を有効にします。これにより、パフォーマンスが低下する可能性があります。デフォルトはfalseです。

M

COLLECT_BLOAT_METRICS

表領域の肥大化メトリックを有効にします。これはパフォーマンスを大量に消費する可能性があります。デフォルトはtrueです。

M

METRICS

メトリックのみの収集を有効にするには、 trueに設定します。デフォルトはfalseです。

INVENTORY

インベントリのみの収集を有効にするには、 trueに設定します。デフォルトはfalseです。

これらの設定の値は、いくつかの方法で定義できます。

  • 設定ファイルに直接値を追加します。これが最も一般的な方法です。
  • {{ }}表記を使用して環境変数の値を置き換えます。 オンホスト統合での環境変数パススルーの使用の詳細を読むか、 環境変数の置換の例を参照してください。

    重要

    これには、インフラストラクチャエージェントv1.14.0以降が必要です。
  • シークレット管理の使用。これを使用して、設定ファイルのプレーンテキストで公開されないようにパスワードなどの重要な情報を保護してください。詳細については、シークレット管理を参照してください。

ラベルとカスタム属性

環境変数を使用して、構成設定を制御できます。 、インフラストラクチャ エージェントに渡されます。 この機能の使用方法については、 「インフラストラクチャ エージェントを構成する」を参照してください。

ラベルを使用することで、メトリックをさらに装飾することができます。ラベルを使うと、キーと値のペアの属性をメトリクスに追加でき、それを使ってクエリー、フィルター、グループ化することができます。

デフォルトのサンプル設定ファイルにはラベルの例が含まれていますが、ラベルは必須ではありませんので、お好みで削除、修正、新規追加することが可能です。

labels:
env: production
role: postgresql

在庫データ

PostgreSQL統合は、 pg_settingsからboot_valおよびreset_valとともに各設定を収集します。 インフラストラクチャインベントリデータは、 config/postgresqlソースの下の[ インベントリ]ページに表示されます。

トラブルシューティング

ここでは、PostgreSQLとの連携に関するトラブルシューティングをご紹介します。

  • 接続に問題がある場合は、同じボックスからpsqlを使用してクラスターに接続できることを確認してください。
  • PgBouncerメトリックの収集で問題が発生した場合は、 PgBouncerを介してインスタンスに接続していることを確認してください。デフォルトのポートは6432です。
  • エラーメッセージError creating list of entities to collect: pq: unsupported startup parameter: extra_float_digitsが表示された場合は、 PgBouncer構成ファイルに{ ignore_startup_parameters = extra_float_digits }を設定します。
Copyright © 2024 New Relic株式会社。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.