• EnglishEspañol日本語한국어Português
  • ログイン今すぐ開始

この機械翻訳は参考用に提供されます。

英語版と翻訳版に矛盾がある場合は、英語版が優先されます。詳細については、このページ を参照してください。

問題を作成する

IAST の悪用可能な脆弱性

New Relic IAST の悪用可能な脆弱性ページでは、テストしたアプリケーションに存在する重大な脆弱性と高レベルの脆弱性の合計数が通知されます。 このページを開くには、 one.newrelic.com > All capabilities > IASTに移動し、左側のナビゲーション ペインでExploitable Vulnerabilities [悪用可能な脆弱性]をクリックします。

one.newrelic.com > All capabilities > IASTに移動し、左側のナビゲーション ペインでExploitable Vulnerabilities [悪用可能な脆弱性]をクリックします。

脆弱性の詳細と修正

IAST は、脆弱性の詳細な説明とコード行に至るまでの検出を含む、すぐに使える結果を提供します。 脆弱性の詳細と修復手順を確認するには:

one.newrelic.com > All capabilities > IASTに移動し、左側のナビゲーション ペインでExploitable Vulnerabilities [悪用可能な脆弱性]をクリックします。

悪用可能な脆弱性を選択して、その詳細を調査し、対処方法を理解します。 検出された脆弱性を重大度、悪用可能な脆弱性、アプリケーション名、検出時刻などで検索できます。 列ごとに注文することもできます。 悪用可能な脆弱性の詳細ページには、その脆弱性の詳細、スタックトレース、および脆弱性の HTTP リクエストに関する情報が表示されます。

Run the exploit [エクスプロイトの実行]セクションを展開して、ここにあるカールをコピーします。 これを使用して問題を再現したり、修復後に再テストしたりできます。

提案された修正を適用したら、アプリケーションを再構築し、IAST を再実行します。

必ずステータスを更新して、脆弱性ステータスをfalse positive [誤検知]、resolved [解決済み]、またはunresolved [未解決]としてマークしてください。

Copyright © 2024 New Relic株式会社。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.