• EnglishEspañol日本語한국어Português
  • ログイン今すぐ開始

この機械翻訳は、参考として提供されています。

In the event of any inconsistency between the English version and the translated version, the English versionwill take priority. Please visit this page for more information.

問題を作成する

IAST試験ステータス

New Relic IAST テスト ステータス ページには、テストされたアプリケーション、脆弱性、カバレッジなどが一目でわかる一元的なビューが表示されます。 脆弱性をそのリスク スコアおよび潜在的なエクスポージャーとともに表示すると、修復の決定に優先順位を迅速に付けるのに役立ちます。

one.newrelic.com > All capabilities > IASTに移動して、IAST テスト ステータス ページを開きます。

IAST テスト ステータス ページ、 one.newrelic.com > All capabilities > IAST

IAST テスト ステータス ページの左側のナビゲーション ペインには、次のセクションが含まれています。

  • A: Overview: one.newrelic.com > All capabilities > IASTに移動すると、IAST テスト ステータス ページが開きます。
  • B: Findings: このセクションには、脆弱性アプリケーションに関するページが含まれています。
  • C: Settings: このセクションには、悪用可能な脆弱性についてアプリケーションのテストを開始するためのインストール ページが含まれています。

テスト ステータス ページのさまざまな部分は次のとおりです。

  • Resolution status [解決ステータス]: CVSS 重大度スコア(重大、高、その他) ごとに存在する脆弱性の数の概要とその解決ステータスを確認します。
  • Application coverage [アプリケーション カバレッジ]: アプリケーションの総数と、テスト済みおよびテストされていないアプリケーションの数を示す円グラフ。
  • Potential exposure category [潜在的エクスポージャー カテゴリ]: これは、構成されているすべてのアプリケーションにわたって分析されたすべての API の性質に基づいた順序付きリストであり、テストに基づいて潜在的な脆弱性がどの OWASP カテゴリに該当するかについての詳細を提供します。
  • Detected exposure category [検出された露出カテゴリ]: これは、OWASP カテゴリごとに検出されたすべての悪用可能な脆弱性の円グラフです。 これを潜在的暴露チャートと比較すると、スキャンされたアプリケーションがどのタイプの悪用可能な脆弱性の影響を最も受けやすいかを理解できます。
  • Vulnerability detection timeline [脆弱性検出タイムライン]: 脆弱性検出タイムラインを面グラフで表示します。
Copyright © 2024 New Relic株式会社。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.