• ログイン今すぐ開始

本書は、お客様のご参考のために原文の英語版を機械翻訳したものです。

英語版と齟齬がある場合、英語版の定めが優先するものとします。より詳しい情報については、本リンクをご参照ください。

問題を作成する

エラー受信トレイをサードパーティのサービスに接続する

エラー受信トレイをSlack、Jira、CodeStreamなどの外部サービスに接続することで、チームのツールやワークフローに近づけます。

インボックスとSlackの連携

受信トレイがSlackに接続されると、新しいエラーグループと再表示されたエラーグループが発生した直後にSlackチャネルに送信されます。これにより、チームは新しいエラーやリグレッションをすばやく特定し、スタックトレースへの直接リンクを使用してそれらをすばやく解決できます。

受信トレイをSlackに接続するには、以下の手順に従うか、ビデオに従ってください。

  1. Slack ワークスペースに New Relic app がインストールされていない場合は、まずそれを行います。

  2. New Relicエラーの受信トレイの1つを開き、右上隅にある[受信トレイの設定]アイコン(歯車のように見えます)を選択します。

  3. Slack ボタンを onoff である場合にトグルします。

  4. 利用可能なワークスペースがない場合は、

    プラスボタンをクリックすると、ワンクリックでSlackの認証が行われ、Slackが有効になります。

  5. 認証されると、通知を送るワークスペースと特定のチャンネルを選択できるようになります。

  6. Test をクリックして、メッセージが正しいチャンネルに送信されていることを確認します。

エラーインボックスをCodeStreamに接続

CodeStream の Open in IDE 統合を APM スタックトレースエラーで使用するには、環境変数を使用して、アプリケーションの コミットシャ および/または リリースタグ を、実行中のソフトウェアのバージョンに関連付けて APM エージェントに設定します。

一度設定してしまえば、 IDEで開く ボタンをクリックすることで、エラーグループからIDEの問題のあるコードに直接ジャンプすることができます。

詳細については、 CodeStreamとNewRelicを参照してください。

Jiraへの受信箱の接続

エラーの受信トレイをJiraに接続して、エラーのチケットを簡単に作成します。 Jiraテンプレートを使用すると、エラーの詳細とスタックトレースおよびAPMへの直接リンクを含むチケットをすばやく作成して、すばやくアクセスして解決できます。

チケットへのリンクは、関連するエラーグループと一緒に13か月間保存されます。その期間内にエラーが再度発生した場合は、関連するチケットに簡単にアクセスできます。

重要

New Relicは、チーム管理と会社管理の両方のAtlassian-Jiraプロジェクトをサポートします。

受信箱をJiraに接続するには、次のようにします。

  1. Jiraに接続するエラーグループの右端にあるJira統合アイコンをクリックします。

    Jira統合アイコンをクリックすると、テンプレートに基づいてチケットを作成できます。テンプレートがない場合は、テンプレートを作成できます。

  2. アカウントで Jira への接続 がまだセットアップされていない場合は、ドロップダウンから Add JIRA Workspace をクリックします。すべてのフィールドに入力し、 Test connection をクリックしてから保存し、詳細が正しいことを確認します。

  3. 次に、テンプレートを設定します。テンプレートは、どのような情報を Jira に送信するかを決定します。特定のフィールドに関する詳細情報はこちら 。Errors inbox は現在 Jira との双方向通信をサポートしていませんが、将来サポートされる場合に備えてこのオプションを選択することができます。

  4. テンプレートを作成したら、 Send test notification をクリックして、Jira でチケットがどのように見えるかをプレビューします。プレビューがよければ、 Update message をクリックしてテンプレートを保存します。テスト通知は、Jira ワークスペースに Jira チケットを作成することに注意してください。

  5. これでチームは、エラーグループの右端にあるJira統合アイコンをクリックし、テンプレートを選択することで、Jiraチケットを作成できるようになります。

Jira の設定は、エラーグループまたはエンティティを所有するアカウントに関連付けられています。クロスアカウントのエラーインボックスを使用している場合、Jira 接続を複数回設定する必要があります。

Copyright © 2022 New Relic株式会社。