• ログイン今すぐ開始

本書は、お客様のご参考のために原文の英語版を機械翻訳したものです。

英語版と齟齬がある場合、英語版の定めが優先するものとします。より詳しい情報については、本リンクをご参照ください。

問題を作成する

キャッシュされたページ

ページは、ブラウザまたはサーバーにキャッシュされます。キャッシュされたページには、古い(以前に生成された)アプリケーションやキューの時間が含まれます。

キャッシュされたページの検出

ブラウザモニタリングは、バックエンドの合計時間をアプリとキューの時間と比較することで、キャッシュされたページを検出します。アプリとキューの時間の合計がバックエンドの時間の合計よりも大きい場合、ブラウザモニタリングはページがキャッシュされたと判断し、アプリとキューの時間を含むリクエストを0として集計します。

ここでは、キャッシュされたページに関する追加のヒントをご紹介します。

  • Java: アプリサーバーの"ワーク" のキャッシュをフラッシュします。これにより、アプリサーバーは強制的に再コンパイルされます。
  • .NET : コマンドflush_dotnet_temp.cmdを使用して、 asp.netキャッシュ ディレクトリがクリーンであることを確認します。これにより、アプリ サーバーは、ページ読み込みのタイミング計測を使用して ASP を再コンパイルする必要があります。
  • Node.js: デフォルトでは、Node.jsはページをキャッシュしません。
  • PHP: CDNにダイナミックページをキャッシュさせている場合、そのキャッシュにページロードタイミングの計測値が含まれていることを確認してください。
  • Python: アプリを再起動してみましょう。
  • Ruby: 自動計測と手動計測については、ヘッダー情報を見てください。例えば、特定のウェブページを無視したい場合は、 ユーザーインターフェース からブラウザの自動監視を無効にして、タグ付けしたいウェブページを手動で計測する必要があります。
Copyright © 2022 New Relic Inc.

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.