• EnglishEspañol日本語한국어Português
  • ログイン今すぐ開始

この機械翻訳は、参考として提供されています。

In the event of any inconsistency between the English version and the translated version, the English versionwill take priority. Please visit this page for more information.

問題を作成する

ラボ パート 1: ラボ環境を設定する

ラボ

この手順は、New Relic ブラウザーを使用して Web アプリをトラブルシューティングする方法を説明するラボの一部です。 ラボの概要をまだ確認していない場合は、確認してください。

ラボを適切に実行する前に、React アプリケーションをスピンアップする必要があります。ここで、あなたは:

  • React アプリケーションをスピンアップする
  • シンプルなロード ジェネレーターを使用してアプリにトラフィックを送信する

ターミナル ウィンドウを開き、ラボ リポジトリのクローンを作成します。

bash
$
git clone https://github.com/newrelic-experimental/relicstaurants.git

アプリケーションのルート ディレクトリに移動し、lab ディレクトリに切り替えます。

bash
$
cd relicstaurants
$
git switch browser-pro-lab-material

次に、依存関係をインストールし、アプリケーションを実行します。

bash
$
npm install
$
npm run build
$
npm run newstart

これにより、ブラウザで Relicstaurants アプリケーションが開きます。

配達先住所を入力し、レストランを検索して開始します。

ここに、食べ物を注文できるレストランのリストが表示されます。

レストランを選択します。

1 つまたは 2 つの商品を選択し、カートをクリックします。

PAY[支払う]をクリックします。

次の偽のカード情報を入力し、 Finish payment をクリックして注文を確定します。

ご注文は正常に行われました。

次に、シミュレーターを使用して、アプリケーションへのトラフィックを増やします。

別のターミナル ウィンドウで、アプリケーションのルート ディレクトリに移動し、ロード ジェネレーターを実行します。

bash
$
# Navigate to the root directiory of your simulator
$
cd relicstaurants/simulator
$
# Switch to lab branch
$
git switch browser-pro-lab-material
$
# Install the simulator's dependencies
$
pip3 install -r requirements.txt
$
# Run the simulator
$
python3 simulator.py
====== WebDriver manager ======
Current google-chrome version is 99.0.4844
Get LATEST chromedriver version for 99.0.4844 google-chrome

アプリケーションの実行方法がわかったので、次はインストルメント化を行います。アプリケーションとシミュレータを実行しているターミナル ウィンドウで、 <CTRL-C> を押してそれらをシャットダウンします。アプリをシャットダウンすると、コードを更新して監視ツールを導入できるようになります。

ラボ

この手順は、New Relic ブラウザーを使用して Web アプリをトラブルシューティングする方法を説明するラボの一部です。環境をセットアップしたので、 ブラウザ エージェントを使用してアプリケーションを計測します

Copyright © 2024 New Relic株式会社。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.