• ログイン無料アカウント

本書は、お客様のご参考のために原文の英語版を機械翻訳したものです。

英語版と齟齬がある場合、英語版の定めが優先するものとします。より詳しい情報については、本リンクをご参照ください。

問題を作成する

ブラウザの監視を無効にする

アプリケーションのモニタリングにブラウザを使用している場合、アプリケーションまたは特定のページのモニタリングを手動で無効にすることができます。特定のページのブラウザ監視をオフにする理由は以下の通りです。

  • 一部のページは、モニターには関係ない場合があります。
  • 特定のページだけを監視したい。
  • トラブルシューティングのために、ブラウザのスクリプトを削除したい。

特定のページ/URLの監視を無効にする

特定のページやURLのブラウザを無効にするには、導入方法に応じた手順に従ってください。

ドメイン監視の無効化

特定のドメインやサブドメインの監視をオフにするには、ブラウザを更新してください ドメインの条件.

ブラウザエージェントの無効化

コピー/ペーストによる導入方法 を使用し、ブラウザアプリのデータ収集を停止したい場合は、監視したくないページからブラウザのJavaScriptスニペットを削除するだけです。 APMエージェント を使用してブラウザエージェントをインストールした場合、ブラウザ監視機能の一部を個別にオフにしたり、ブラウザを完全に無効にしたりすることができます。

  1. one.newrelic.com 、「Browser」をクリック> (select a browser app)> 「Settings」> 「Application settings」
  2. Pro アカウントレベルの機能のみを無効にするには、Lite を選択します。
  3. ブラウザの監視を完全にオフにするには、 Off を選択します。
  4. Save application settingsを選択します。
  5. 該当する場合は、APMエージェントを再起動してください。

ブラウザモニタリングがオフの場合、エージェントはモニタリングスクリプトでページを処理しません。

Copyright © 2022 New Relic Inc.