• ログイン今すぐ開始

本書は、お客様のご参考のために原文の英語版を機械翻訳したものです。

英語版と齟齬がある場合、英語版の定めが優先するものとします。より詳しい情報については、本リンクをご参照ください。

問題を作成する

setAttribute (SPA API)

重要

この API を使用するには、ブラウザ エージェントの Browser Pro+SPA エディションが必要です。

構文

newrelic.interaction().setAttribute(string $key, any $value)

ブラウザでの現在のインタラクションにのみ、カスタム SPA 属性を追加します。

要件

エージェントのバージョン nr-963 以上。

説明

このメソッドは、カスタム属性をインタラクションに追加します。保存すると、この属性は結果のBrowserInteractionイベントで新しいプロパティとして公開されます。setCustomAttribute()で追加された属性とは異なり、インタラクションに追加された属性は現在のインタラクションにのみ適用され、 PageActionイベントには追加されません。

New Relic は、これらのカスタム属性をsetCustomAttribute()の呼び出しによって設定されたカスタム属性と、サーバー側エージェントによって設定されたカスタム属性とマージします。

優先順位

カスタムアトリビュート

最高レベル

BrowserInteraction SPA API で設定された属性: これらは、他の 2 つの方法で設定された属性を上書きします。

次のレベル

setCustomAttribute()によって設定された属性: これらはサーバー側のカスタム属性を上書きします。

最下位

サーバーサイドで設定されるカスタム属性。

カスタム属性のエラーは、 JS エラー ページのイベントに含まれます。API を介してカスタム属性のエラーを表示または記録するには、ブラウザ エージェント API のnoticeError呼び出しを使用します。

パラメーター

パラメータ

説明

$key

ストリング

必須。BrowserInteractionイベントで属性名として使用されます。

$value

どんな

必須。BrowserInteractionイベントの属性値として使用されます。これは、文字列、数値、ブール値、またはオブジェクトにすることができます。オブジェクトの場合、New Relic はそれを JSON 文字列にシリアル化します。

戻り値

このメソッドは、 interaction()によって作成されたものと同じAPIオブジェクトを返します。

router.addRoute('/profile', () => {
const user = getCurrentUser();
newrelic.interaction()
.setAttribute('username', user.username)
.setAttribute('userId', user.id);
renderProfile(user);
});
Copyright © 2023 New Relic Inc.

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.