• English日本語한국어
  • ログイン今すぐ開始

この機械翻訳は参考用に提供されます。

英語版と翻訳版に矛盾がある場合は、英語版が優先されます。詳細については、こちらのページをご覧ください。

問題を作成する

setUserId

構文

newrelic.setUserId(value: string|null)

ページ上の後続のイベントにユーザー定義の識別子文字列を追加します。

要件

説明

有効な値を指定してこの関数を実行すると、属性が手動で設定解除されるまで、ブラウザ エージェントはその値をすべてのイベントとともに enduser.id 属性として記録します。識別子はブラウザに保存されるため、 同じ オリジンの後続のページ アクセスでは 、セッション スパン内の イベントに関連付けられます。この機能は、エンドユーザーのブラウザーのプライバシー設定によって変動する可能性があることに注意してください。この関数が value = nullで呼び出された場合、既存のユーザー ID は現在のページのイベントとストレージの 両方 から削除されます。

ID は、特に Errors Inbox の使用のために、JavaScriptError イベントに添付されます。互換性のあるエージェント バージョンで SPA 監視を 使用している場合、ユーザー ID も newrelic.interaction イベントに含まれます。

パラメーター

パラメータ

説明

value

文字列 または null

必要。エンド ユーザーの文字列識別子。すべてのブラウザー イベントを特定のユーザーに関連付けるのに役立ちます。 value パラメータは一意である必要はありません。ID が一意である必要がある場合は、呼び出し元がその検証を担当します。

null 値を渡すと、既存のユーザー ID が設定解除されます。

エンド ユーザーの「セッションの開始」をマークする

newrelic.setUserId('user-1234-v1.0')

イベントが現在のユーザーに帰属しないようにする

newrelic.setUserId(null)
Copyright © 2024 New Relic Inc.

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.