• ログイン無料アカウント

本書は、お客様のご参考のために原文の英語版を機械翻訳したものです。

英語版と齟齬がある場合、英語版の定めが優先するものとします。より詳しい情報については、本リンクをご参照ください。

問題を作成する

setAttribute(ブラウザSPA API)

構文

newrelic.interaction().setAttribute(string $key, any $value)

ブラウザでの現在のインタラクションにのみ、カスタム SPA 属性を追加します。

要件

エージェントのバージョン nr-963 以上。

説明

このメソッドは、カスタム属性をインタラクションに追加します。保存された場合、この属性は、結果として生じる BrowserInteraction イベントの新しいプロパティとして公開されます。 setCustomAttribute() で追加された属性とは異なり、インタラクションに追加された属性は、現在のインタラクションにのみ適用され、 PageAction イベントには追加されません。

New Relic はこれらのカスタム属性を、 setCustomAttribute() の呼び出しによって設定されたカスタム属性や、サーバーサイドエージェントによって設定されたカスタム属性と統合します。

優先順位

カスタムアトリビュート

最高レベル

BrowserInteraction SPA API で設定された属性です。他の2つの方法で設定した属性を上書きします。

次のレベル

setCustomAttribute()で設定される属性: これらはサーバー側のカスタム属性を上書きします。

最下位

サーバーサイドで設定されるカスタム属性。

カスタム属性のエラーは、 「JS Errors」ページのイベントに含まれます。 。API を通じてカスタム属性のエラーを表示または記録するには、ブラウザエージェント API の noticeError コールを使用します。

パラメータ

パラメーター

説明

キー

文字列

必須。 BrowserInteraction イベントの属性名として使用されます。

$value

どんな

必須。 BrowserInteraction イベントの属性値として使用されます。これは、文字列、数値、ブーリアン、オブジェクトのいずれかです。オブジェクトの場合、New Relic はこれを JSON 文字列にシリアライズします。

戻り値

このメソッドは、 interaction() で作成したものと同じ API オブジェクトを返します。

router.addRoute('/profile', () => {
const user = getCurrentUser()
newrelic.interaction()
.setAttribute('username', user.username)
.setAttribute('userId', user.id)
renderProfile(user)
})
Copyright © 2022 New Relic Inc.