• English日本語한국어
  • ログイン今すぐ開始

この機械翻訳は参考用に提供されます。

英語版と翻訳版に矛盾がある場合は、英語版が優先されます。詳細については、こちらのページをご覧ください。

問題を作成する

Ruby VMの計測

Ruby 仮想マシンの動作を把握することで、アプリケーション全体のパフォーマンスを理解し、改善することができます。New Relic は、Ruby 仮想マシンの動作を把握するのに役立ついくつかの主要なメトリクスを収集します。また、パフォーマンスを向上させるためにVMの構成を調整する際の影響を評価するのにも役立ちます。

最低限の条件

Ruby VMの測定値収集は、Rubyエージェントのバージョン3.8.0以降で利用可能です(ただし、それ以前のバージョンでは、いくつかの基本的なガベージコレクション測定値の収集をサポートしていました)。

また、この機能を使用するには、CRuby 1.9.2 以降と互換性のある Ruby バージョンが必要です。個々の測定値に関する以下のセクションでは、各測定値の収集をサポートする Ruby バージョンについて説明します。

最後に、GC のタイミングをキャプチャするために、アプリケーションで GC::Profiler を有効にする必要があります。

Ruby VMデータの閲覧

Ruby VM のパフォーマンスに関するデータを表示するには。one.newrelic.com >All capabilities > APM > (アプリを選択) > Monitoring > Ruby VMsに移動します。

測定内容

これらのメトリクスのほとんどは、Rubyのガベージコレクタの動作を理解するのに役立ちます。

すべてのメトリクスをすべての Ruby バージョンで収集できるわけではありません。一般に、CRuby の最新バージョンを使用している場合、最も完全なデータを取得できます。以下のリストは、どこで何が利用できるかを正確に説明しています。

バックグラウンド・プロセス

デフォルトでは、New Relic の特定のアプリケーション名にレポートしているすべてのプロセスからのデータは、ユーザーインターフェイスの Ruby VM ページで結合されます。これは、同じNew Relicアプリケーションにウェブプロセスとバックグラウンドプロセス(Resque、Sidekiq、DelayedJobなど)の両方がレポートしている場合、データが混乱する可能性があることを意味します。

この問題を回避するには2つの方法があります。

  1. app_name構成設定またはNEW_RELIC_APP_NAME環境変数を設定して、Web プロセスとバックグラウンド プロセスを New Relic の個別のアプリケーションにプルします。
  2. 構成ファイルでdisable_vm_sampler: trueを設定するか、アプリケーションの環境でNEW_RELIC_DISABLE_VM_SAMPLER=1を設定して、バックグラウンド プロセスでの Ruby VM メトリックの収集を無効にします。

その他のドキュメントリソース

その他のドキュメンテーションリソースには、以下が含まれます。

Copyright © 2024 New Relic Inc.

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.