• English日本語한국어
  • ログイン今すぐ開始

この機械翻訳は参考用に提供されます。

英語版と翻訳版に矛盾がある場合は、英語版が優先されます。詳細については、 を参照してください。

問題を作成する

Node.jsのVM測定

New Relic の Node.js エージェントは、Node.js の仮想マシン (V8) から主要な メトリクスのタイムスライスデータ を収集します。これらのメトリクスは、Node.js の VM の動作を把握し、アプリケーションのパフォーマンスを向上させるのに役立ちます。また、エージェントは CPU メトリクスを収集しますが、これはしばしばガベージコレクション(GC)メトリクスと一緒に分析されます。

何が必要

New Relic では、ガベージ コレクション、メモリ、CPU に関連する Node.js VM メトリクス タイムスライス データを収集するために、追加のネイティブ モジュールが必要です。Node.js v6.1.0 以降New Relic Node.js エージェントがprocess.cpuUsage()で収集するため、CPU メトリックを収集するためにネイティブ モジュールは必要ありません。

ネイティブモジュールを使用できるのは

  • New Relic Node.js バージョン 1.35.1 以上
  • Node.js v4 以降
  • npm v2.0.0 以降

展開プラットフォームでネイティブ モジュールをコンパイルするには、 node-gypパッケージの手順に従います。ネイティブ Node.js モジュールをインストールするための前提条件は次のとおりです。

プラットフォーム

前提条件

Unix/Linux

Python(v2.7推奨、v3.x.xは未サポート)、make、C/C++コンパイラ(GCCなど)

マックOS

Python(v2.7推奨、v3.x.xは未サポート)、Xcode

ウィンドウズ

Python(v2.7推奨、v3.x.xは未サポート)、Visual C++ビルド環境

当社のNode.jsエージェントのインストールに問題がある場合は、 installation troubleshooting の手順に従ってください。

ネイティブモジュールのインストール

New Relic Node.js エージェントの v2.0.0 以降、ネイティブモジュールはオプションの依存関係となり、自動的にインストールされるようになりました。

インストール中、ネイティブ モジュールは最初にターゲット マシン上のソースからビルドを試みます。ビルドが失敗した場合、Node.js はスタック トレースをコンソールに出力しますが、通常は無視できます。サポートされているバージョンの Node を実行している Linux 環境の場合、エージェントはビルド済みバイナリのダウンロードとインストールを試みます。

エージェントがビルド済みのバイナリをダウンロードしてインストールしようとするのを防ぐことができます。代わりに、ネイティブ モジュールのビルドのみを試みます。これを行うには、npm または Yarn を使用してインストールする前に、 NR_NATIVE_METRICS_NO_DOWNLOAD 環境変数を true に設定します。

bash
$
export NR_NATIVE_METRICS_NO_DOWNLOAD=true
bash
$
npm install @newrelic/native-metrics
bash
$
yarn add @newrelic/native-metrics

または、npm で機能する --no-download フラグを使用します。

bash
$
npm install @newrelic/native-metrics --no-download

NR_NATIVE_METRICS_NO_DOWNLOAD=trueまたは--no-downloadフラグが設定された状態でビルドが失敗した場合、オプションのネイティブモジュールはインストールされません。

両方の環境変数が設定されている場合、 NR_NATIVE_METRICS_NO_BUILDNR_NATIVE_METRICS_NO_DOWNLOADをオーバーライドします。

古いバージョンを使用している場合は、 最新のエージェントバージョンにアップグレードするか、ネイティブモジュールを手動でインストールしてください。

  1. サポートされているバージョンのNode.jsがインストールされていることを確認します。推奨事項:最新のLTSバージョンを使用してください。@newrelic/native-metricsモジュールでサポートされている最小バージョン(v4以降)よりも低いバージョンは使用しないでください。 現在利用可能なすべてのメトリックを取得するには、エージェント1.37.0以降のnewrelicモジュールを実行していることを確認してください。

  2. Windowsユーザー: 以下のコマンドを実行してください。

    bash
    $
    npm install --global windows-build-tools

    このステップがうまくいかない場合は、GitHub の node-gyp モジュールのオプション2に従って、手動でのインストール手順を確認してください。

  3. [* ネイティブ・メトリクス・モジュールをインストールするには、以下のいずれかの方法を使用します。

    • npm install @newrelic/native-metrics --saveコマンドを実行します。

      また

    • モジュールをアプリのpackage.jsonファイルに追加します。* アプリを再起動します。](https://github.com/nodejs/node-gyp#option-2)

Node.js エージェントは、ネイティブ メトリック モジュールがインストールされているかどうかを自動的に検出し、使用を開始します。ネイティブ モジュールのインストールを完全に回避したい場合は、次の npm または Yarn 引数を使用できます。

bash
$
npm install newrelic --no-optional
bash
$
yarn add newrelic --ignore-optional

ビルド済みバイナリー [#prebuilt-binaries]

ビルド手順をスキップして、ビルド済みのバイナリのみをダウンロードしようとし、コンソールにビルドエラーが表示されないようにするには、インストールする前にNR_NATIVE_METRICS_NO_BUILD環境変数をtrueに設定します。

bash
$
export NR_NATIVE_METRICS_NO_BUILD=true

ファイアウォールの背後で作業している場合は、インストール前にNR_NATIVE_METRICS_DOWNLOAD_HOSTおよびNR_NATIVE_METRICS_REMOTE_PATH環境変数を設定することで、ビルド済みのバイナリをキャッシュできます。

bash
$
export NR_NATIVE_METRICS_DOWNLOAD_HOST=http://your-internal-cache/
bash
$
export NR_NATIVE_METRICS_REMOTE_PATH=path/to/download/folder/

環境変数の設定が完了すると、インストールが可能になります。

bash
$
npm install @newrelic/native-metrics
bash
$
yarn add @newrelic/native-metrics

Node.jsのVMデータを見る [#view-data]

Node.js VM データで精選されたチャートを表示するには、 ****one.newrelic.com > APM & services > (アプリを選択) > Node VMsに移動します。詳細については、 Node.js VM 統計ページを参照してください。

データはメトリクスとイベントでも利用できます。

測定内容

ヒント

Node.js のすべてのバージョンですべてのデータを収集できるわけではありません。一般に、Node.js の最新の LTS バージョンを使用している場合、最も完全なデータを取得できます。

Copyright © 2023 New Relic Inc.

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.