• EnglishEspañol日本語한국어Português
  • ログイン今すぐ開始

この機械翻訳は、参考として提供されています。

In the event of any inconsistency between the English version and the translated version, the English versionwill take priority. Please visit this page for more information.

問題を作成する

コードレベルの指標

コードレベルのメトリクスにより、 New Relic CodeStream 拡張機能を使用する開発者は、コード内の個々のメソッドと並行して、IDE 内でコンテキストに応じて表示される APM データを確認できます。これにより、開発者はコードを作成およびレビューする際に、パフォーマンスの問題にもっと積極的に対処できるようになります。

はじめに

まず、サポートされているIDEにNew Relic CodeStream拡張機能をインストールして、ログインします。

重要

コード レベルのメトリックは、Java エージェント バージョン 7.10.0 以降で使用でき、バージョン 7.11.0 以降ではデフォルトで有効になっています。有効または無効にする方法については 、Java エージェント構成: 構成ファイルを 参照してください。

エージェントの属性

Java エージェントは、次の属性を報告し、アプリケーションによって生成されたスパンに添付します。

名前

説明

code.function

インストルメント化された関数 (Java メソッド) の名前。

データの取得

code.namespace

code.functionが定義されている名前空間 (完全修飾クラス名)

com.example.MyService

重要

API メソッドNewRelic.getAgent().getTransaction().startSegment()を使用して作成されたスパンには、これらの属性は含まれません。これらの属性を含むスパンを作成するには、 @Traceでメソッドに注釈を付けるか、XML インストルメンテーションを使用します。

Copyright © 2024 New Relic株式会社。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.