• EnglishEspañol日本語한국어Português
  • ログイン今すぐ開始

この機械翻訳は、参考として提供されています。

In the event of any inconsistency between the English version and the translated version, the English versionwill take priority. Please visit this page for more information.

問題を作成する

Java版AWS Elastic Beanstalkのインストール

AWS Elastic Beanstalk ユーザーの場合、Java エージェントは追加の設定が必要です。

前提条件

設定を完了する前に、まず

AWS Elastic Beanstalk への Java エージェントのインストールを完了するには、プラットフォームに応じた手順に従います。

Tomcat プラットフォーム

AWS Elastic Beanstalk Tomcat プラットフォームを使用してデプロイされたアプリケーションの場合:

  1. WAR ファイルで、 newrelic.jarファイルとnewrelic.ymlファイルをWEB-INF/lib/に追加します。

  2. 新しいWARファイルをリパッケージして、新しいアプリケーションまたは以前のアプリケーションのアップデートとしてデプロイします。

  3. 基盤となる EC2 インスタンスを見つけて接続します。接続したら、このコマンドを使用してnewrelic.jarファイルへのパスを見つけます。一度に 1 つのディレクトリを検索してください。必要に応じて/varまたは/usrを使用してください。

    bash
    $
    sudo find /var -name "newrelic.jar"
    $
    sudo find /usr -name "newrelic.jar"

    -javaagentフラグを JVM に渡すには:

  4. AWSコンソールで「Elastic Beanstalk」を開きます。

  5. 該当する地域を選択します。

  6. 環境を選択してください。

  7. 左側のペインで、 Configurationsを選択します。

  8. Updates, monitoring, and loggingまでスクロールし、右上隅のEditを選択します。

  9. Platform Softwareまでスクロールし、次の行をJVM Optionsフィールドに追加します。

    bash
    $
    -javaagent:/full/path/to/newrelic.jar
  10. Applyを選択して保存します。

すると、Elastic Beanstalkが環境をアップデートします。

Java SEプラットフォーム

AWS Elastic Beanstalk Java SE プラットフォームを使用してデプロイされたアプリケーションの場合:

  1. newrelic.jarファイルとnewrelic.ymlファイルをプロジェクト ( opt/newrelicという名前のサブディレクトリなど) に追加します。

  2. Java SE アプリケーションでカスタム JVM 引数を使用するには、アプリケーションのソース バンドルのルートにProcfileを含めることをお勧めします。詳細については、Java SE のドキュメントを参照してください。

    -javaagentフラグをProcfileの JVM 引数として渡します。

    web:java -javaagent:path/from/bundle/root/to/newrelic.jar -jar <your-application>.jar
  3. ソースバンドルを再パッケージし、Elastic Beanstalk にデプロイします。

Copyright © 2024 New Relic株式会社。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.