• /
  • ログイン
  • 無料アカウント

開発者モード

非推奨

注意

Developerモードは排除されており、Rubyエージェントのバージョン4.1.0時点でサポートが終了しています。

New RelicのRubyエージェントには、お使いのアプリケーションにおけるウェブトランザクションの詳細を検証するための内蔵UIであるDeveloperモードが含まれます。Developerモードでは、コントローラーアクションによるライブラリおよびデータベースコールがRailsインスタンスで呼び出される中、これらを検証できます。

無料のDeveloperモードでは、New Relicのトランザクショントレース機能で得られるものと同じように詳細なトランザクションの可視性を得られます。ただし、これは単一のRailsインスタンスにおいてのみ機能するほか、本番環境バージョンよりも遥かに多くのオーバーヘッドを伴います。開発者のデスクトップサンドボックス以上の使用にはお勧めできません。

セキュリティに関する懸念事項

RubyエージェントのDeveloperモードは、RAILS_ENV == "development"の時にデフォルトでオンとなりますが、New Relicコレクターとは一切の通信を行いません。円グラフはGoogle Chartを使用してレンダリングされており、これには集計データのHTTP POSTが関与しています。

ヒント

Rubyエージェントの本番環境モードは、RAILS_ENV == "production"RAILS_ENV == "staging"の時にデフォルトでオンになっており、New Relicサイトと通信します。詳細については、セキュリティをご覧ください。

インストレーション

Developerモードをインストールするには、Rubyエージェントをプラグインまたはgemとしてインストールします。また、作業を行っているRAILS_ENVnewrelic.ymlにおいて、developer_modeをtrueに設定する必要があるかもしれません。Developerモードがデフォルトでオンとなるのは、RAILS_ENV = developmentの時のみです。

インストレーションの一環としてnewrelic.ymlファイルは作成されるものの、有効なライセンスキーを持っている必要はありません。

既知の問題

Developerモードの既知の問題には、以下が挙げられます:

Developerモードの使用

デスクトップでアプリケーションを実行する際に、薄いWEBrickや類似したものを使用している場合は、サーバーでURL /newrelicを開いてDeveloperモードのユーザーインターフェースを確認してください。

注意

Passenger、Unicorn、もしくはその他の分岐アプリケーションサーバーをデスクトップで使用している場合、アプリケーションサーバーが複数のインスタンスを起動した際にデータが消失するという、不可解な行動に気づくかもしれません。以下に示すトラブルシューティングのアドバイスを参照してください。

screen-ruby-developer-mode-breakdown-chart

Developerモード内訳チャート

トラブルシューティング

Developerモードに関するトラブルシューティングのアドバイス:

その他のヘルプ

さらに支援が必要な場合は、これらのサポートと学習リソースを確認してください:

問題を作成するこのページを編集する
Copyright © 2020 New Relic Inc.