• /
  • ログイン

Javaエージェントの互換性と要件

New RelicのJavaエージェントには、アプリケーションサーバー、フレームワーク、データベース、そしてメッセージキューシステムを含む、Javaエコシステムの中で最も人気ある部分のビルトインインストゥルメンテーションが含まれています。追加設定なしではインストゥルメントされていないフレームワークとライブラリに関しては、Javaカスタムインストゥルメンテーションでそのエージェントを拡張できます。

エージェントのインストール要件

Javaエージェントをインストールする前に、お使いのシステムが以下のシステム要件を満たしていることを確認してください:

自動インストゥルメンテーションされたフレームワークとライブラリ

Javaエージェントをインストールすると、多数の人気のフレームワークとライブラリが自動的にインストゥルメントされます。自動インストゥルメンテーションでは、エージェントが追加設定なしでリッチデータを収集し、データはインストールから数分でご利用のNew Relicダッシュボードに表示されます。ライブラリが自動インストゥルメンテーションされていない場合でも、カスタムインストゥルメンテーションおよびJavaエージェントAPIを通じてデータを収集できます。

エージェントは、以下のフレームワークとライブラリを自動的にインストゥルメントします:

エージェントを他のNew Relic製品に接続する

Javaエージェントは、他のNew Relic製品と統合され、エンドツーエンドの可視性を提供します。

製品

インテグレーション

ブラウザをモニター

Javaエージェントは自動インストゥルメンテーションが有効にされると、Browser JavaScriptエージェントを自動的に挿入します。Browserインジェクションを有効化したあと、APMの概要ページでBrowserデータを見ることや、特定のアプリケーションに対してAPMとBrowserデータを素早く切り替えることが可能です。設定オプションと手動インストゥルメンテーションについては、ブラウザのモニタリングとJavaエージェントをご覧ください。

インフラストラクチャのモニタリング

InfrastructureとAPMエージェントを同じホストにインストールすると、それぞれが自動的にお互いを検出します。その後APM UIでホストのリストを見て、Infrastructure UIでAPMアプリを基準にInfrastructureホストをフィルタリングできます。詳しくは、InfrastructureにおけるAPMデータをご覧ください。

New Relic One のダッシュボード

Javaエージェントはデフォルトのイベントと属性をダッシュボードに送信します。または、クエリビルダーでNRQLクエリを実行できます。高度な分析のためにカスタムイベントを記録することも可能です。

合成モニタリング

SyntheticトランザクショントレースはSyntheticsモニターからのリクエストを基になるAPMトランザクションに結びつけます。

その他のヘルプ

さらに支援が必要な場合は、これらのサポートと学習リソースを確認してください:

問題を作成するこのページを編集する
Copyright © 2020 New Relic Inc.