• /
  • ログイン

Java用New Relicの概要

New RelicのJavaエージェントを使用すると、コード内のパフォーマンスの問題から小さなエラーまですべてを追跡できます。エージェントは1分ごとにメトリックタイムスライスとイベントデータをNew Relicのユーザーインタフェースに載せます。該当するデータの所有者(オーナー)はインタフェースにサインインしてデータを使用し、ウェブサイトのパフォーマンスを確認できます。

インストレーション

Javaエージェントを使用するには、

  1. システムがJavaエージェントの互換性および要件を満たしていることを確認してください。
  2. New Relicアカウントにサインアップします。
  3. ランチャーを使用して、または次の標準的なインストレーション手順に従って、Javaエージェントをインストールします。ツールやフレームワークに応じて、追加のインストール手順を参照してJavaエージェントをインストールまたは設定します。
インストールドキュメントを読む
Javaデータの追加

New Relic UIでアプリのパフォーマンスを表示するには、one.newrelic.com > APM >(アプリを選択)> Summaryの順に移動します。APMのユーザーインタフェースには専用のJVMメトリクスページトランザクションエラー詳細、スレッドプロファイラツールが含まれており、Javaスレッドのサンプリング、スタックトレースのレポートなどができます。

また、エージェントインストゥルメンテーションを拡張し、New Relic Oneのデータエクスプローラーダッシュボードなど、他のNew Relic製品でデータを調査することもできます。

起動設定

Javaエージェントは、newrelic.jarと同じディレクトリにある必要がある、newrelic.ymlファイルからスタートアップ設定を読み込みます。また、Javaシステムのプロパティを使用して設定を上書きすることもできます。

エージェントは、スタートアップ(ブートストラップ)時に、license_keyapp_nameの設定が必要です。ログファイルの場所およびその他の設定は、newrelic.ymlファイルでカスタマイズできます。また、アプリケーションサーバーが同一のJVMで複数のアプリケーションを実行している場合は、命名設定を調整することができます。

設定オプション

New Relicウェブインタフェースからアプリケーションのレポーティングをサーバーサイドコンフィグレーションを使用して設定できます。変更内容はJVMを再起動した際にアプリケーションをレポートするすべてのエージェントに適用されます。ただし、サーバーサイドコンフィグレーションを使用する場合は、引き続き必要な設定(license_keyapp_name)をローカル設定ファイルに保持する必要があります。

トランザクションのトレースとエラーのスナップショットの両方において、オプションでHTTPパラメーターを記録することもできます。HTTPパラメーターには、クレジットカード番号のような機密情報が含まれる場合があります。エージェントには特定の名前を持ったパラメーター以外のHTTPパラメーターを収集するような、データセキュリティを確保するための設定オプションが複数存在します。

追加のインストゥルメンテーション

Javaエージェントをインストール後、以下のいずれかの方法を使用してインストゥルメンテーションを拡張できます。

JVMの再起動タイミング

設定ファイルまたはカスタムXMLを変更する場合は、ほぼすべての場合にJVMを再起動する必要があります。再起動が不要なのは、以下の4つの場合に限定されます。

JVMの再起動は、次の場合は不要です。

コメント

ログレベルまたは監査モードの変更

Javaエージェント設定ファイルlog_levelまたはaudit_modeを単に変更する場合は、JVMを再起動する必要はありません。

カスタムインストゥルメンテーションXMLファイル

JVMを再起動するかどうかは、Javaエージェントのバージョンによって異なります。

  • 3.15.0以上:extensionsフォルダ内のカスタムインストゥルメンテーションXMLファイルを更新する場合、更新内容は1分以内に自動的に再読み込みされます。
  • Javaエージェントのバージョン3.15.0以下:バージョン3.15.0以下のエージェントを使用している場合は、JVMを再起動する必要があります。

ブレーカーの変更

Javaカスタムインストゥルメンテーション用のブレーカーを変更する場合は、JVMの再起動は不要です。

無視されたまたは想定済みのエラー

newrelic.ymlファイルを設定してエラーを無視または想定している場合は、JVMを再起動する必要はありません。これには、バージョン3.40.0以上のJavaエージェントを使用している場合に、newrelic.ymlファイルにステータスコードまたはクラスを追加することが含まれます。例:

  • ignore_status_codes
  • expected_status_codes
  • ignore_classes
  • ignore_messages
  • expected_classes
  • expected_messages

その他すべての変更についてはエージェントの再起動、つまりJVMの再起動が必要です。

JSR 163準拠

New Relic Javaエージェントはウェブのトランザクションを監視し、その情報を受信し、強力なデータセキュリティ対策を施したNew Relicのユーザーインタフェースにその情報を伝達します。このエージェントは、JVMの起動処理を変更することでJVMによってアクティブ化される、JSR 163準拠のjavaagentとしてパッケージ化されています。有効化されると、エージェントはそれ自体をクラス読み込み処理の中に組み込み、バイトコードインストゥルメンテーション(bci)を使用してクラスメソッドをインストゥルメントします。

Webアプリケーションへの影響を最小限に抑えるように設計されたクラスはすべて、ユーザー独自のクラスと衝突しないように、newrelicパッケージネームスペースに存在します。このエージェントは、ソフトウェアプローブの挿入にASMのbciエンジンを使用します。

このエージェントは、オペレーティングシステム、Javaのバージョン、システムのプロパティ、New Relicの設定ファイルなど、使用中のホスト環境に関する基本的な情報を受信します。また、このエージェントはJVMとJMXからデータをポーリングします。

トラブルシューティング手順

Javaエージェントに問題が発生した場合は、トラブルシューティング関連ドキュメントを参照してください。

その他のヘルプ

さらに支援が必要な場合は、これらのサポートと学習リソースを確認してください:

問題を作成するこのページを編集する
Copyright © 2020 New Relic Inc.