• ログイン今すぐ開始

本書は、お客様のご参考のために原文の英語版を機械翻訳したものです。

英語版と齟齬がある場合、英語版の定めが優先するものとします。より詳しい情報については、本リンクをご参照ください。

問題を作成する

セッションタイムアウトの設定

独自の価格設定モデル

このドキュメントは、当社の オリジナルユーザーモデル のユーザー向けです。

New Relicのセッション設定機能では、ユーザーのブラウザセッションが自動的に失効するまでのアイドルタイムに制限を設けることができます。

要件

新しいユーザーモデルを使用している場合は、 セッション設定を参照してください。

概要

セッション設定では、ユーザーのブラウザセッションが自動的に終了するまでのアイドル時間に制限を設けることができます。ログアウトする3分前にメッセージが表示されます。その後、ユーザーは続行するために再サインインする必要があります。 SAML Single Sign On (SSO) で構成されたアカウントでは、ユーザーのブラウザセッションが再認証される頻度を設定できる追加オプションが利用できます。

ユーザーと制限付きユーザーは、自動タイムアウトの期間を表示することはできますが、変更することはできません。タイムアウトの値を表示するには、以下の手順に従います。 アカウントのドロップダウン > アカウント設定> 認証> セッション設定.

特徴

ヒント

所有者または管理者

セッション設定オプションは、無人のブラウザが自動的にタイムアウトすることを保証する、追加のセキュリティレベルを提供します。セッション値は、セッション クッキー に自動的に保存されます。その他の機能は以下の通りです。

機能

メモ

簡単セットアップ

管理者は、New Relic ユーザー インターフェイスのスライド バーを使用して、事前定義された期間を選択します。デフォルトは 2 週間です。

役割別に選択可能

管理者は、制限付きユーザーのセッションで、セッションタイムアウトの設定をしてもタイムアウトしないように設定できます。これは、制限付きユーザーのログインをデモに使用する場合などに便利です。

子アカウントの自動継承

デフォルトでは、 の子アカウント は、親アカウントと同じセッション構成を継承します。

デフォルトでは最も制限が厳しい

ユーザーが複数のアカウントを持っている場合は、ユーザーが現在使用しているアカウントに関わらず、最も制限の厳しい設定が適用されます。

SAML SSOのログアウトURLとの統合

アカウントの SAML SSO 設定 にログアウト URL が含まれていない場合、New Relic には セッション設定 からオーナーが設定するためのリンクが含まれています。管理者が所有者でもない場合は、SAML SSO のログアウト URL の必要性に関するメッセージが表示されます。

SAML SSOの再認証設定の追加

管理者は、セッション・タイムアウト・オプションに加えて、SAML で認証されたブラウザ・セッ ションを再認証する必要がある期間(15分~2週間、または全くない期間)を選択できる。

セッションタイムアウト値の選択

セッション・タイムアウト値を選択するプロセスは、SAML構成でも非SAML構成でも同じである。その他のSAML構成オプションについては、 SAML SSOブラウザ再認証 を参照してください。

SAML SSOアカウントでセッションタイムアウトの事前定義期間を選択するには、アカウント所有者がSAML SSO構成設定でログアウトURLを事前に特定しておく必要がある。これが設定されていない場合、アカウント管理者はセッションタイムアウトのスライドバーを表示でき るが、変更はできない。

管理者がアカウント所有者でもある場合、 セッション設定 には、New Relic の SAML SSO 設定に直接アクセスし、ログアウト URL を特定するためのリンクが含まれています。詳細については、 Setting up SSO を参照してください。

私たちの オリジナルのユーザーモデル のユーザーのセッションタイムアウトのための事前定義された期間を選択するために。

  1. に移動します。 アカウントのドロップダウン > アカウントの設定> 認証> セッションの設定.
  2. スライドバーを使って、アイドルセッションの有効期限が切れて自動的にログアウトするまでの時間を選択します。
  3. オプションです。制限付きユーザーのブラウザセッションを失効させない場合は、チェックボックスオプションを選択します。
  4. Select Save my changes.

変更は直ちに反映されます。

SAML SSOブラウザ再認証を選択

SAML SSOで認証されたブラウザセッション が再認証されるまでの所定の期間を選択すること。

  1. に移動します。 ****アカウントのドロップダウン > アカウントの設定> 認証> セッションの設定.
  2. SAML re-authentication time スライドバーを使って、New Relic がブラウザセッションをチェックする時間帯を選択します。
  3. Select Save my changes.

SAMLタイムアウト後のリダイレクト

SAML 用に設定されたアカウントでセッション アイドル タイムアウトによりログアウトした場合、New Relic のログイン ページに移動します。アカウントが SAML 用に設定されているため、New Relic に直接ログインすることはできません。認証のために SAML プロバイダーにリダイレクトされるため。

  1. Email の欄にメールアドレスを入力してください。
  2. Password フィールドは空白のままにしておきます。
  3. Sign In ボタンをクリックします。

その後、SAML プロバイダーにリダイレクトされます。再認証されると、New Relic のウェブサイトに戻ります。

Copyright © 2022 New Relic株式会社。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.