• ログイン無料アカウント

本書は、お客様のご参考のために原文の英語版を機械翻訳したものです。

英語版と齟齬がある場合、英語版の定めが優先するものとします。より詳しい情報については、本リンクをご参照ください。

問題を作成する

CPM(Containerized Private Minion)のメンテナンスとモニタリング

containerized private minion (CPM) をインストールした後は、いくつかの方法でそのメンテナンスと監視を追跡することができます。

ヒント

また、モニターの障害を New Relic のアラート で通知することもできます。

HTTPによるCPMの状態確認

稼働中のCPMにHTTPで接続することは、CPMが正常に動作しているかどうかを確認する最も簡単な方法です。コンテナは、 80808180 という2つのポートを公開しています。CPM は、以下のエンドポイントで確認できます。

  • :8080/status/check: ミニオンが実行する内部ヘルスチェックの詳細を提供します。 HTTP 200 は、ステータスが健全であることを意味します。
  • :8080/status: ミニオンのステータスに関する詳細を提供します。これは、 SyntheticsPrivateMinion イベントで公開されるデータと同じです。
  • :8180/: JVMアプリケーションの管理エンドポイントを提供します。これは、ミニオンのJava Development Kit (JDK)の内部状態の高度な表示です。

プライベートな場所にミニオンが必要かどうかをチェック

プライベートな場所で複数のモニターチェックがキューイングされていて、遅延が発生した場合、モニターチェックを実行するために利用できるミニオンの数が必要になることがあります。

この確認方法については、 Does my private location need more minions?

レビューログ

CPMコンテナのログを見ることで、ミニオンの健康状態を監視することができます。

デバッグログの有効化

CPMで問題が発生した場合、デバッグログを有効にすることで、問題のトラブルシューティングに役立てることができます。

ロギングのデフォルトレベルは、重要な情報と対処可能なエラーのみをユーザーに知らせるように設定されています。これでは不十分な場合は、 MINION_LOG_LEVEL 環境変数を使用して、より詳細なログを有効にすることができます。

Kubernetesのデバッグ情報を取得する

Kubernetesコンテナオーケストレーションシステム環境でCPMに問題が発生した場合、CPMポッドとそれが実行されているノードに関する情報を取得し、トラブルシューティングに役立てることができます。

CPMポッドの情報を取得するには

kubectl describe pod -n YOUR_NAMESPACE YOUR_CPM_POD_NAME

CPMポッドが動作しているノードの情報を取得するには、ノードを特定してから

kubectl describe node NODE_ASSOCIATED_WITH_YOUR_CPM_POD_NAME

New RelicのインフラでCPMを監視

New Relic のインフラモニタリング は、 高度な Docker モニタリング高度な Kubernetes モニタリング をサポートしています。このサポートを追加するために、シンセティックモニタリングはCPMによって産み出されたコンテナに一連の情報ラベルを付け、すべてのプレフィックスに synthetics-minion- を付けています。CPMは、simple browser、scripted browser、api test、step functionなどの非pingモニタを処理する"runners" というコンテナを生成します。これらのラベルを使用して、これらのランナーコンテナを識別することができます。ラベルの例を以下に示します。

  • シンセティック・ミニオン・ラナー・ロール
  • シンセティック・ミニオン・ランナー・バージョン
  • 合成ミニオンコンテナーID
  • シンセティック・ミニオン-ID
  • シンセティック・ミニオン ビルド・ナンバー
  • シンセティック・ミニオン・ジョブ
  • シンセティック・ミニオン・アカウント
  • シンセティック・ミニオン・モニター
  • シンセティック・ミニオン・モニター・バージョン
  • シンセティック・ミニオン・モニター・タイプ
  • シンセティック・ミニオン・モニター・タイプ・ラベル

ランナーコンテナは短時間で終了します。1つのランナー・コンテナは、1つの非pingモニター・ジョブを処理するために作成されます。ランナーは作成され、ジョブを処理した後、すぐに削除されます。ランナーコンテナは数秒しか存在せず、処理すべき非Pingモニタージョブがある場合にのみ作成されます。Pingモニターはランナーコンテナ作成のトリガーとならないため、上記のラベルは存在しません。

インフラストラクチャエージェントを使用してこれらのランナーコンテナを監視する場合、少なくとも1つのモニターが毎分実行されるように設定します。インフラストラクチャー・エージェントは、コンテナが削除される前に、コンテナの docker inspect から上記のラベルに気づき、収集する機会が増えます。

注: synthetics-minion-id ラベルは、この特定のランナーコンテナを生成したミニオンのIDを参照しています。runner自体のIDは追跡されません。

Copyright © 2022 New Relic株式会社。