• ログイン今すぐ開始

本書は、お客様のご参考のために原文の英語版を機械翻訳したものです。

英語版と齟齬がある場合、英語版の定めが優先するものとします。より詳しい情報については、本リンクをご参照ください。

問題を作成する

ステップ5:追加設定

AWS Lambda のサーバーレス監視を有効にした後、データを微調整するために追加の構成を追加することができます。

インフィニット トレースの有効化

Lambdaレイヤーを使用して関数を設定した場合、分散トレーシングはデフォルトで含まれています。

Lambda関数がInfiniteTracingと呼ばれるテールベースの分散トレースを使用するサービスと通信する場合は、Lambda関数に対してこの機能を有効にする必要があります。これにより、LambdaスパンがInfiniteTracingによって追跡される残りのスパンに含まれるようになります。

これをLambda関数に設定するには、 Infinite Tracing steps を参照して、トレースオブザーバーを作成し、どのLambda関数(データソース)がスパンをレポートするかを選択します。

アラートの設定

当社のアラートを使用すると、APM メトリクス、主要なトランザクション、NRQL クエリなど、New Relic で監視できるものすべてについて通知を受け取ることができます。アラートのドキュメントを参照してください。

カスタムイベントの追加

我々がデフォルトで提供するデータの他に、独自の イベント または 属性 を設定することもできます。

これらの言語固有の設定の詳細については、 Configuring custom attributes and events in AWS Lambda を参照してください。

Copyright © 2022 New Relic株式会社。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.