• ログイン今すぐ開始

本書は、お客様のご参考のために原文の英語版を機械翻訳したものです。

英語版と齟齬がある場合、英語版の定めが優先するものとします。より詳しい情報については、本リンクをご参照ください。

問題を作成する

NRQLクエリの制限

New Relicクエリ言語であるNRQLには、すべてのユーザーに高レベルの可用性と信頼性を保証するためのレート制限があります。

クエリ制限違反を理解する

クエリ関連の制限に達しているかどうかを確認するには、制限UIを使用します。

レート制限に遭遇することはめったにありません。クエリの制限がまれになるようにするために従うべきガイドラインを次に示します。

  • 同時に実行される複雑なクエリ(たとえば、 FACETまたはTIMESERIES句を含むクエリ、または100万を超えるイベントのクエリ)の数を制限します。
  • 特に複雑なクエリが含まれている場合は、長期間にわたって同時に実行されるクエリの数を最大5つに制限します。

NRQLクエリの制限

いくつかの異なるNRQLクエリ制限があります。

  • アカウントが特定の時間範囲内に実行できるクエリの数
  • アカウントが特定の時間範囲でクエリ(検査)できるデータポイントの数
  • エラーと見なされて停止するまでのクエリの実行時間

これらの制限は、クエリビルダーを使用したクエリ、カスタムチャートやダッシュボードで使用されるクエリ、NerdGraph APIを使用して実行されるNRQLクエリなど、顧客が開始するNRQLクエリにのみ適用されることに注意してください。これらの制限は、事前に作成された「すぐに使える」NewRelicチャートおよびダッシュボードで使用されるクエリには適用されません。

クエリ数の制限

NRQLクエリの制限は、アカウントごと、1分あたり3,000クエリです。この制限を超えると、1分あたりに送信されるクエリの数が制限を超えなくなるまで、クエリが拒否される場合があります。

この制限は、NRQLクエリAPIリクエストにのみ適用され、クエリビルダー、New Relic UI、またはカスタムダッシュボードから実行されるクエリには適用されません。New Relic UI、クエリビルダー、またはカスタマーダッシュボードで実行されるこのカテゴリのクエリのリソース消費率を管理する制限は、検査済みのカウント制限のみです。

検査されるデータポイントの数の制限

NRQLクエリを実行すると、以下に示すように、検査されたデータポイントの数が表示されます。

このコンテキストでは、「イベント」という用語は、クエリで検査されるすべてのNRQLで使用可能なデータポイントを指すために一般的な意味で使用されます。

すべてのNewRelicアカウントには、特定の時間範囲で検査できるデータポイントの総数に制限があります。これらの制限は、使用しているデータオプションによって異なります。

以下は、検査数の制限にカウントされ、制限に達すると影響を受ける機能とアクションです。次の期間にカウントが制限を下回ると、制限が解除されます。

  • New Relic ユーザーが実行するカスタム クエリ
  • クエリを実行するカスタム ダッシュボードのウィジェット
  • ユーザーが開始したアクションによって読み込まれる精選されたビュー (たとえば、ユーザーが APM の概要、APMトランザクション分散トレース、ブラウザーの概要、およびNRDBデータを返すその他のページを読み込むとき)
  • アラート条件の評価と通知は制限にカウントされませが、アラート通知に含まれる New Relic へのリンクはカウントされます

クエリ期間の制限

クエリ期間の制限は、NRQLクエリが実行を停止するまでに実行できる時間です。この制限は、 データオプションによって異なります。

  • 元のデータオプション:1分

  • データプラス:

Copyright © 2022 New Relic Inc.

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.