• EnglishEspañol日本語한국어Português
  • ログイン今すぐ開始

この機械翻訳は参考用に提供されます。

英語版と翻訳版に矛盾がある場合は、英語版が優先されます。詳細については、このページ を参照してください。

問題を作成する

ルックアップを使用してテーブル データをクエリする

CSV 形式のルックアップテーブルをアップロードすると、 lookup()関数を使用して NRQL クエリでそのデータにアクセスできます。 ルックアップテーブルを使用すると、テレメトリーデータの解析やデータのグループ化のカスタマイズに役立ちます。

基本的なクエリ構文

次の検索クエリは、 storeNamesという名前のテーブルを使用し、そのテーブルからすべてのデータを選択するこの関数の基本的な構文を示しています。

FROM lookup(storeNames)
SELECT *

このクエリは、同じテーブルから特定の属性を選択します。

FROM lookup(storeNames)
SELECT store_ID, store_name, description

クエリの制限

ルックアップテーブルは、クエリ時に他の NRQL データ型よりも高いLIMITをサポートします。 クエリ、サブクエリ、およびネストされた集計内でルックアップテーブルを使用する場合、 LIMITを最大 20,000 に設定できます。

ヒント

サブクエリ内でルックアップ テーブルを使用する場合、ルックアップ テーブルも使用しない限り、外側のクエリLIMITは標準の最大値によって制限されます。

技術的な制限

  • NRQL アラート条件ではルックアップ データを使用できません。

  • ルックアップ テーブルをアップロードしたアカウントからのみルックアップ テーブルにクエリを実行できます。

  • 次の NRQL 句はルックアップ クエリではサポートされていません。

    • TIMESERIES

    • COMPARE WITH

    • EXTRAPOLATE

    • Note:

      内部クエリに検索クエリが含まれている場合は、これらの句を使用できます。 例については、このクエリを参照してください。

検索の例

ルックアップテーブルを使用すると、New Relic に保存されているテレメトリーデータとデータを組み合わせるクエリを使用できます。

次は、クエリの例です。

Copyright © 2024 New Relic株式会社。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.