• EnglishEspañol日本語한국어Português
  • ログイン今すぐ開始

この機械翻訳は、参考として提供されています。

In the event of any inconsistency between the English version and the translated version, the English versionwill take priority. Please visit this page for more information.

問題を作成する

クエリの時間範囲の設定

テレメトリーデータをクエリするためにNRQLを作成しました。NRQLで作成されたすべてのクエリは、指定された時間範囲内にあるテレメトリーデータのみを考慮します。クエリリクエストで時間範囲が指定されていない場合、デフォルトでテレメトリーデータの最後の1時間をレポートします。幸いなことに、クエリの時間範囲を設定する方法が複数用意されているため、正確な時間範囲から必要なデータを正確に取得できます。

時間範囲の指定

クエリで時間範囲を指定するには、次の2つの方法を使用できます。

  • ダッシュボードのタイムピッカーを使用します。 ダッシュボードを表示すると、タイムピッカーを無効にするようにダッシュボード ウィジェットを構成していない限り、タイムピッカーの範囲がクエリのSINCEUNTIL句よりも優先されます。

  • SINCEおよび/またはUNTILを含めます。例:

    FROM Foo SELECT * SINCE 2 days ago UNTIL 1 day ago

サポートされている時間形式のリストについては、以下の時間の指定セクションを参照してください。

時間範囲スナップの使用

メトリクスまたはTIMESERIES範囲スナップで実行するクエリの種類に応じて、指定したSINCEおよびUNTIL時間を調整できる場合があります。

メトリクスクエリのスナップ

メトリクスイベントおよび一部のサンプルイベントタイプを使用したクエリでは、メトリクスのロールアップ時間集計に基づいて時間範囲を調整する必要がある場合があります。例:

FROM Metric SELECT sum(foo.count) SINCE '2023-12-20T00:04Z' UNTIL '2023-12-22T00:03Z'

このクエリに対するJSON応答を見ると、この47時間59分の時間範囲は5分のメトリクス時間集計に解決されるため、実際の時間範囲は近くの集計境界"beginTime": "2023-12-20T00:00:00Z", "endTime": "2023-12-22T00:00:00Z"にスナップします。

TIMESERIES クエリスナップ

TIMESERIESを使用したクエリでは、結果に部分的な時系列バケットが含まれないように時間範囲を調整する必要がある場合があります。 例えば:

FROM Foo SELECT count(*) TIMESERIES 5 minutes SINCE '2023-12-20T00:04:59Z' UNTIL '2023-12-21T00:03:12Z'

このクエリに対する JSON 応答を見ると、時系列バケットは時間範囲の終了に基づいており、開始時刻は応答の最初のバケットが 5 分間全体をカバーするように調整されています: "beginTime": "2023-12-20T00:08:12Z", "endTime": "2023-12-21T00:03:12Z"

SINCEとUNTILでの時間指定

SINCE句とUNTIL句で時間を指定するには、いくつかの方法があります。

ヒント

以下にリストされている各オプションのデフォルトのタイムゾーンはUTCです。ユーザーの優先タイムゾーンはクエリの実行には使用されないことに注意してください。ユーザーのタイムゾーン設定にはDateTime値のみが表示されます

時間範囲にUTC以外のタイムゾーンを指定する場合は、DateTime文字列オプションにそれを含めるか、NRQLのWITH TIMEZONE句を使用できます。

Unix時間(エポックミリ秒)

時間はミリ秒単位のUnix時間として参照できます。これは1970-01-01T00:00:00Z、つまり1970年1月1日の午前0時からのミリ秒数です。例:

FROM Foo SELECT * SINCE 1702899296789 UNTIL 1702902896789

これらのタイムスタンプ値は、2023-12-18T11:34:56.789Zで始まり、2023-12-18T12:34:56.789Zで終わる時間範囲に解決されます。

相対時間(n [time units] ago)

相対時間は、次のコンポーネントを含むn [time units] agoとして参照できます。

  • n:正の整数値。
  • [time units]: 使用可能な時間単位には、 millisecondssecondsminuteshoursdaysweeksmonths (30 日間として定義)、 quarters (91 日間として定義)、またはyears (365 日間として定義) が含まれます。 時間単位の複数形はオプションなので、単位の末尾の「s」を省略できます。 2 day ago2 days agoは同じ意味を持ちます。

時間はクエリを実行した時間と相対的なものです。たとえば、2023-12-18T12:34:56.789Zでクエリを実行したとします。使用した相対時間値に応じて、異なる結果が得られます。

相対時間参照

解決された時間(UTC)

NOW (クエリ実行時間)

2023-12-18T12:34:54.789Z

2 milliseconds ago

2023-12-18T12:34:54。 .787 Z

2 seconds ago

2023-12-18T12:34: 54 .789Z

2 minutes ago

2023-12-18T12: 32 :56.789Z

2 hours ago

2023-12-18T 10 :34:56.789Z

2 days ago

2023-12- 16 T12:34:56.789Z

2 weeks ago

2023-12- 04 T12:34:56.789Z

2 months ago

2023- 10-19 T12:34:56.789Z

2 quarters ago

2023- 06-19 T12:34:56.789Z

2 years ago

2021-12-18T12:34:56.789Z

一時的な相対時間

一時的な時間参照を使用して相対時間を使用することもできます。 これらの相対時間参照は、時間間隔の始まりに解決されます。 相対時間参照は、 WITH TIMEZONE句を尊重します。 特定の時間参照に関する詳細を表示するには、以下の折りたたみボタンを選択してください。

DateTime文字列の使用

DateTime文字列を使用して時間範囲を指定できます。パーサーは通常、ISO 8601 DateTime形式:'2023-12-18T12:34:56.789-06:00'をサポートします。ただし、DateTimeパーサーは、'2023-12-18 12:34'などのISO標準形式のバリアントも認識できます。パーサーは、日付のみ('2023-12-18')および時間のみ('12:34:56')の文字列もサポートします。以下にDateTime文字列を使用するためのオプションと例を挙げます。

フィールド

詳細

全体構造

[Date][TimeSeparator][Time][TimeZone][AM/PM]

日付

Year-Month-Day

  • Year -(必須)4桁の年の値。

  • Month -(必須)2桁の月の値。

  • Day -(オプション)2桁の日の値。

    DateTime文字列には、時間のないDateを含めることができます。時間の値のデフォルトは、指定された日付の開始時の午前0時です。日付要素間のダッシュはオプション(ただし推奨)であるため、'20231218''2023-12-18'に相当します。

TimeSeparator

完全なDateTime文字列で日付と時間を区切ります。有効な区切り値は、大文字のTまたは単一のスペースです。

時刻

Hour:Minute[[:Second].FractionalSecond]

  • Hour -(必須)1桁または2桁の時間値、00~23。ISO 8601仕様に従って、2桁が推奨されます。

  • Minute -(必須)2桁の分の値、00~59。

  • :Second -(オプション)2桁の秒の値、00~59。

  • [.FractionalSecond] -(オプション)1~3桁の小数秒(ミリ秒)値、000~999。:Second値が含まれる場合にのみ使用できます。

    DateTime文字列には、日付のない時間を含めることができます。日付値はデフォルトで当日になります。SINCE句に日付を指定せずに時間を指定した場合、時間が将来の場合は、日付に前日が使用されます。

    TimeがTの後に続く場合、コロンはオプションです(ただし推奨)。コロンを除外する場合、時間には2桁を含める必要があり、AM/PMは使用できません。したがって、'20231218T123456.789''2023-12-18T12:34:56.789'に相当します。

TimeZone

オプション - TimeZoneがDateTime文字列に含まれていない場合、クエリのWITH TIMEZONE句に示されているタイムゾーンがあればそれが使用され、それ以外の場合はUTCタイムゾーンが使用されます。

オプションで、TimeZone値の前にスペースを置くことができます。さまざまな形式で表示できます。

  • オフセット - UTCを基準としたタイムゾーンの時間と分を示します。

    (+|-)Hours[:]Minutes - つまり、プラスまたはマイナス、2桁の時間、オプションのコロン、最後に2桁の分。UTCまたはゼロのオフセットを表す文字Zもサポートされています。

    例: -0600Z+0530+05:30

  • 角括弧内のゾーンID - ゾーンIDはタイムゾーンのテキスト名です。ほとんどの(すべてではありません)ゾーンIDは、リージョン、スラッシュ、サブリージョンで構成されます。リージョンベースのゾーンIDを使用する利点は、DateTimeパーサーがゾーンの夏時間ルールに合わせて自動的に調整されることです。

    例: [America/Los_Angeles][Etc/GMT-6][UTC]

    利用可能なゾーンIDのリストを参照してください。

    AM/PMを使用する場合、ゾーンIDは機能しないことに注意してください。

AM/PM

AM または、DateTime文字列の末尾にPMを追加できます。存在する場合、Hour値は24時間値ではなく12時間値として解釈され、範囲は00~23ではなく01~12となります。

AM/PMはゾーンID TimeZone形式ではサポートされていないことに注意してください。

タイムゾーン

ゾーンID

次のゾーンIDは、WITH TIMEZONE句に対して、または日時文字列内の括弧で囲まれたタイムゾーン参照として有効です(例:'2023-12-18T12:34 [America/Los_Angeles]')。

Copyright © 2024 New Relic株式会社。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.