• ログイン無料アカウント

可観測性成熟度シリーズの紹介

New Relicの可観測性成熟度プラクティスは、右側の1つ以上のバリュードライバーでお客様を成功させることです。このプラクティスは、一般的な顧客のニーズを特定し、それらを明確にし、それらを満たすための今後の道筋を定義することを目的としています。ドキュメントのこのセクションには、次のものがあります。

  • ユースケース実装ガイド。各実装ガイドでは、測定・改善すべきKPIと、その改善方法を定義しています。各ガイドの価値実現の項では、実務担当者とビジネスにとってのユースケースの価値を概説しています。

  • リファレンスガイド。インプリメンテーションガイドの中で参照されるものです。業界の概念をより詳細に説明したり、特定のKPIの改善など、何かを行う方法を網羅しています。

  • 自習型トレーニングとハンズオンラボへのリンク。

    これらのページの内容は、業界のベストプラクティス、お客様とのコンサルティングの経験、およびソフトウェアエンジニア、運用エンジニア、SREとしての私たち自身の経験に基づいています。これはオープンソースであり、あなたの貢献を含めたいと思います。私たちは常に新しいユースケースと新しい視覚化を探しています。新しいベストプラクティスの構築にご協力いただければ幸いです。

New Relic Observability Maturity

Copyright © 2022 New Relic Inc.