• ログイン今すぐ開始

本書は、お客様のご参考のために原文の英語版を機械翻訳したものです。

英語版と齟齬がある場合、英語版の定めが優先するものとします。より詳しい情報については、本リンクをご参照ください。

問題を作成する

ワークロードのステータス表示と通知

ワークロードステータスは、 ワークロード に含まれるエンティティのアラートステータスから得られるもので、ワークロードがどのように動作しているかを知らせてくれます。

重要な理由

ワークロードの状態

  • システムの状態を迅速に表示し、ワークロードに対応する必要があるかどうかを一目で把握することができます。
  • お客様のニーズに合わせて、各事業体の重要性に合わせて対応します。
  • ワークロードの状態を共有することができます。サービスやインフラに依存している他のチームは、システムのアーキテクチャの詳細を理解したり、カスタムダッシュボードを見たりすることなく、ワークロードのステータスを知ることができます。

ワークロードの状態を把握することができます。

私たちのプラットフォームは、 New Relicアラートの結果に基づいて、すべてのエンティティにステータス値を提供します。 New Relic Explorerで各エンティティの色分けされたアラートステータスを確認するか、APIを介してアラートステータス値を使用できます。たとえば、重大な違反が進行中であることを示す赤いアラートステータスが表示される場合があります。

ワークロードを使用すると、複雑なシステムの一部であるエンティティを グループ化し、ワークロード内のすべてのエンティティのステータスを まとめた単一のグローバルな値を取得することができます。そのため、ワークロードが動作しなくなったことを素早く検知したり、潜在的なインシデントやサービス品質の低下を予測したりすることができます。

ワークロードステータスの取得

ワークロードは、以下のいずれかのステータス値を持つことができます。

  • 運用: ワークロードは問題なく動作しています。
  • Degraded: ワークロードのパフォーマンスやエラーに若干の劣化が見られますが、まだ許容できるレベルのサービスを提供しているため、緊急の対応は必要ありません。
  • Critical or Disrupted: ワークロードが許容できるレベルのサービスを提供していないため、緊急に対応する必要があります。
  • 不明: ワークロードの状態を計算する方法が設定されていないか、ワークロードエンティティの状態を判断できるアラート条件が設定されていません。

ワークロードの状態を定義または編集する方法については、 ワークロードの状態の設定 を参照してください。

ワークロードのセットでビューを保存

通常、特定のワークロードグループのステータスを確認する必要がある場合は、それらのワークロードのみを含むビューを保存することができます。タイルビューモードでは、ワークロードを素早く見つけ、そのステータスを一目で確認することができます。

ビューを作成するには、以下の手順で行います。

  1. one.newrelic.comに移動し、 More > Workload viewsをクリックします。
  2. Add view」をクリックします。
  3. ビューに意味のある名前(チームやビジネスユニットの名前など)を付け、ビューを関連付けるアカウントを選択します。
  4. ビューに含めたいワークロードを、名前やタグで選択します。
  5. 新しいビューを保存します。

ステータス表示は、複数のワークロードに責任を持つチーム、サポート役、ビジネスユニットマネージャーに最も有効です。

ワークロードの状態が変化したときに通知される

ワークロードのステータスを確認する必要があるのは、そのワークロードが自分のチームが担当しているサービスを表している場合と、自分のサービスが他のチームが管理しているワークロードに依存している場合があります。

すべてのワークロードのステータスは定期的に計算され、結果はWorkloadStatusイベントを通じてNRDBに保存されます。これにより、ワークロードがDisruptedまたはDegradedステータスになるたびに通知するアラート条件を設定できます。

警告条件を設定するには、以下の手順で行います。

  1. one.newrelic.comにアクセスし、 Alerts & AIを選択します。新しいアラート条件を追加するポリシーを選択するか、適切な通知チャネルで新しいポリシーを作成します。次に、[条件の作成] をクリックします。

  2. プロンプトが表示されたら、 Select a product をクリックし、 NRQL をクリックします。

  3. 以下のNRQLクエリを追加します。

    SELECT latest(statusValueCode) FROM WorkloadStatus WHERE workloadGuid = '<GUID>' FACET workloadGuid as 'entity.guid', entity.name
    • ワークロードの GUID は、ワークロード UI 上の See metadata and manage tags をクリックすることで取得できます。
    • 警告条件が、(例のように)1つのワークロードだけに適用されるように、または複数のワークロードに適用されるように、WHERE句を記述します。また、アカウント上のすべてのワークロードに警告条件を適用したい場合は、WHERE句を削除します。
    • FACETを追加することで、以下に説明するように、アラートの説明にこれらのフィールドを使用することができます。
  4. 次のいずれかの静的しきい値を設定します。

    • (推奨)ワークロードのステータスが中断されたときに通知を受け取りたい場合、クエリが3に等しい値を少なくとも1分間返す場合に重要です。
    • ワークロードのステータスが低下したときに通知を受け取りたい場合、クエリが2に等しい値を少なくとも1分間返す場合に重要です。
    • 警告のしきい値では、インシデントの発生や通知の送信は行われないことを覚えておいてください。そのため、ステータスの変化を通知したい場合は、重要なしきい値を持つ2つの警告条件を作成する必要があります(上で説明したとおり)。
  5. 注意喚起の条件を満たす

    • 違反の時間制限を設定することで、長期間続いた違反を選択した時間後に自動的に強制終了させることができます。
    • Choose to fill data gaps with Last known value.
  6. オプションで、ワークロード名とUIへのパーマネントリンクを含むカスタム違反説明をアラート通知に追加することもできます。

    Workload: {{tag.entity.name}}
    Direct link: https://one.newrelic.com/redirect/entity/{{tag.entity.guid}}
Copyright © 2022 New Relic Inc.

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.