• ログイン無料アカウント

本書は、お客様のご参考のために原文の英語版を機械翻訳したものです。

英語版と齟齬がある場合、英語版の定めが優先するものとします。より詳しい情報については、本リンクをご参照ください。

問題を作成する

典型的なパートナーシップの統合例

これは、ページ・ウィジェットとSSOを使った典型的な統合のステップバイステップの詳細を提供するものです。

パートナーシップ API は、New Relic の担当者から使用するように特別に指示されない限り、あなたの組織では利用できません。

推奨: Getting started with APINew Relic REST API v2 の例 を参照して、新しいプロジェクトを開始してください。また、API v1 のスクリプトを v2 相当のものに移行する作業を開始してください。

アカウントの作成と値の保存

accounts/create エンドポイントを使用して、アカウント、サブスクリプション、ユーザーを作成します。

ペイロードから、アカウントの値を抽出して保存します。一般的には、アカウント データベースに新しいテーブルを作成し、この情報を含むレコードをユーザー レコードに関連付けます。このシナリオで使用する値は、 data-access-keyidlicense-key です。追加の値を保存することもできます。

エージェントの展開

New Relic では、お客様のアーキテクチャや言語の選択が可能であれば、お客様にエージェントを自動的にデプロイすることを強くお勧めします。私たちの経験では、文書化された最も簡単なユーザーによるエージェントのデプロイメントでも、成功率は 75% にとどまります。お客様にエージェントを自動展開することで、このようなドロップアウトがなくなります。

自動デプロイを行う場合も、ユーザーにデプロイを許可する場合も、この操作にはアカウント作成ペイロードのライセンスキーが必要です。手動デプロイを計画している場合は、ライセンスキーをユーザーが簡単に入手できるようにしておくと便利です。これは、ユーザーの利便性を高めるためです。このキーは、アカウントにログインすることで利用できます。

SSOによるページ・ウィジェットのデプロイ

新しく作成されたアカウントのデータアクセスキーとユーザーの電子メール、パートナーシップの共有秘密とタイムスタンプを使用して、SHA-2ハッシュに変換できるダイジェストを作成します。これらの要素を組み合わせてウィジェットのURLを作成します。

注意: データ収集の標準的な セキュリティ対策として 、New Relic では、アプリケーションサーバーが SHA-2 (256-bit) をサポートしていることが必要です。SHA-1 はサポートされていません。

Copyright © 2022 New Relic株式会社。