• ログイン

本書は、お客様のご参考のために原文の英語版を機械翻訳したものです。

英語版と齟齬がある場合、英語版の定めが優先するものとします。より詳しい情報については、本リンクをご参照ください。

問題を作成する

Partnership API の子アカウントオブジェクト

このドキュメントでは、 Partnership API を使って子アカウントを管理する方法を説明します。アカウントについては、 child account オブジェクトを使用します。

要件

パートナーシップAPIは、New Relicの担当者から使用するように特に指示されていない限り、組織では利用できません。

このオブジェクトを使用するためのアクセス権がない場合もあります。Partnership API を使用する前に、まず 要件をお読みください

子アカウントの使い方紹介

子アカウントオブジェクトを使用する際の注意点

  • 既存の親アカウントや子アカウントを管理するには、 Partnership API account object を使用します。
  • 親アカウントには、複数の子アカウントを関連付けることができますが、すべての子アカウントは、1つの親アカウントにのみ対応する必要があります。
  • すべての子アカウントには、少なくともprimary_adminユーザーが必要です。
  • 子アカウントを作成するには、既存の親アカウントに接続し、少なくとも1人のユーザーを追加する必要があります。

子アカウントオブジェクトの属性

Partnership API を使用する前に、まず 要件をお読みください

Partnership API の子アカウントオブジェクトの属性を示します。

一部の New Relic 組織では、子アカウントは親アカウントの Account settings ページ を通して New Relic UI で作成することもできます。

子アカウントのAPIコール

以下は、子アカウントを作成するためのURLパターンです。親アカウントのIDを指定する必要があることに注意してください。このURLパターンを使用する場合、JSONオブジェクトに、 Partner API key を含むHTTPヘッダーを送信してください。例えば、以下のようになります。

POST .../api/v2/partners/PARTNER_ID/accounts/PARENT_ACCOUNT_ID/sub_accounts​
x-api-key:PARTNER_ACCOUNT_KEY
Content-Type: application/json

{ JSON data }

電話

リソースのURLパターン

与えられたパラメーターで、 子アカウントを作成します。

POST /api/v2/partners/PARTNER_ID/accounts/PARENT_ACCOUNT_ID/sub_accounts

JSONの例

以下は、Partnership API の子アカウントオブジェクトを使用した JSON リクエストとレスポンスの例です。

これは単なる例であり、一部のアカウントではusers属性は不要であり、無視されることに注意してください。

子アカウントオブジェクトAPIの例

以下は、Partnership API の子アカウントオブジェクトを使用した API コールの例です。

これは単なる例であり、一部のアカウントではusers属性は不要であり、無視されることに注意してください。

Copyright © 2022 New Relic株式会社。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.