• EnglishEspañol日本語한국어Português
  • ログイン今すぐ開始

この機械翻訳は、参考として提供されています。

In the event of any inconsistency between the English version and the translated version, the English versionwill take priority. Please visit this page for more information.

問題を作成する

SNMPデータ監視を設定する

ガイド付きインストール プロセスを使用して SNMP 監視エージェントをインストールすることも、エージェントを手動でインストールすることもできます。このドキュメントでは、このインストール プロセスを開始するための前提条件と、インストール オプションの段階的な説明について説明します。

前提条件

始める前に、 New Relic アカウントにサインアップする必要があります。エージェントを手動でインストールすることを選択した場合は、以下も必要です。

  • NewRelicアカウントID

  • New Relic

SNMP 監視エージェントをDockerまたは Podman のコンテナーとしてデプロイすることをお勧めします。 必要であれば、Linux でベアメタル サービスとしてインストールすることもできます。

ネットワーク環境とネットワーク デバイス自体にも前提条件があります。

サポートされているSNMPバージョン

当社のネットワーク監視コンテナは、Traps と Informs の両方を含む、SNMP のすべてのメジャー バージョン (v1、v2c、および v3) をサポートしています。さらに、SNMP v3 は次の認証およびプライバシー設定をサポートしています。

NewRelicでSNMPデータ監視を設定する


SNMPトラップのオプションのインストール

状況によっては、SNMP トラップ メッセージのコレクションを専用のコンテナーに分離すると便利な場合があります。 これは、大規模な環境でのスケールを制御するのに役立つだけでなく、コンテナに障害が発生した場合に完全な停止のリスクが低い分散監視フットプリントを作成するのにも役立ちます。 このプロセスは Linux サービス インストレーションではサポートされていません。

注意: 同じコンテナーでv2cトラップとv3トラップの両方を監視することはできません。 両方のトラップ バージョンを監視する場合は、セカンダリ専用コンテナーを作成し、トラップ メッセージをデフォルト以外のポートで送信するように構成する必要があります。 たとえば、ポート162にすでにv2cトラップが設定されている場合:

  1. v3トラップを163などの別のポート経由で送信するように設定します。
  2. dockerコンテナーの引数を -p 162:1620/udp から -p $src:1620/udp に少し変更します。ここで、$srcv3 トラップが到着するポートです。

次のステップ

SNMP データを補完するために、さらに多くのエージェントをセットアップできます。


このドキュメントはインストールの役に立ちましたか?

Copyright © 2024 New Relic株式会社。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.