• EnglishEspañol日本語한국어Português
  • ログイン今すぐ開始

この機械翻訳は、参考として提供されています。

In the event of any inconsistency between the English version and the translated version, the English versionwill take priority. Please visit this page for more information.

問題を作成する

Meraki ダッシュボード API モニタリングをセットアップする

New Relic のネットワーク監視エージェントを使用して、Meraki 環境を監視できます。

始めましょう

始める前に、New Relic、Docker、Meraki、およびネットワークのセキュリティの前提条件を満たしていることを確認してください。

ネットワークファイアウォールルール

方向

ソース

行き先

ポート

プロトコル

必須

アウトバウンド

コンテナホスト

ktranslate Docker HubQuay.io 、または会社の内部リポジトリ上のイメージ。

443

TCP

✓✓

アウトバウンド

コンテナホスト

New Relic メトリクス APIエンドポイント: https://metric-api.newrelic.com

443

TCP

✓✓

アウトバウンド

コンテナホスト

New Relic イベント APIエンドポイント: https://insights-collector.newrelic.com

443

TCP

✓✓

アウトバウンド

コンテナホスト

New Relic ログ APIエンドポイント: https://log-api.newrelic.com

443

TCP

アウトバウンド

コンテナホスト

Meraki ダッシュボード APIエンドポイント: https://api.meraki.com/api/v1/

443 (デフォルト)

TCP

✓✓

インストール

Meraki ダッシュボードAPI監視を既存の SNMP コンテナーに追加することも、専用のコンテナーにデプロイして他の SNMP デバイスとは分離しておくこともできます。 使用ケースに最も適した以下のオプションを選択してください。

  1. SNMP エージェントの既存の設定ファイルに、Meraki デバイス オブジェクトを手動で追加します。 $DASHBOARD_API_KEY を Meraki ダッシュボード API キーに置き換えます。

    devices:
    meraki_cloud_controller:
    device_name: meraki_cloud_controller
    device_ip: snmp.meraki.com
    provider: meraki-cloud-controller
    ext:
    ext_only: true
    meraki_config:
    api_key: "$DASHBOARD_API_KEY"

    ヒント

    これは基本的な例です。 追加の設定オプションについては、高度な設定ドキュメントをご覧ください。

  2. 既存のコンテナを停止して削除します。

    bash
    $
    # Find your current container
    $
    docker ps -a
    $
    $
    # Forcibly stop and delete the target container (you may also use the container ID here in place of the name)
    $
    docker rm -f $CONTAINER_NAME
  3. 更新された設定ファイルを使用して新しい コンテナを起動します。 $CONTAINER_SERVICEをコンテナーの一意の名前に置き換え、 $YOUR_NR_LICENSE_KEY$YOUR_NR_ACCOUNT_IDを任意の値に置き換えます。 この例では、デフォルトの設定ファイルの名前がsnmp-base.yamlであると想定しています。

    bash
    $
    docker run -d --name ktranslate-$CONTAINER_SERVICE --restart unless-stopped --pull=always -p 162:1620/udp \
    >
    -v `pwd`/snmp-base.yaml:/snmp-base.yaml \
    >
    -e NEW_RELIC_API_KEY=$YOUR_NR_LICENSE_KEY \
    >
    kentik/ktranslate:v2 \
    >
    -snmp /snmp-base.yaml \
    >
    -nr_account_id=$YOUR_NR_ACCOUNT_ID \
    >
    -metrics=jchf \
    >
    -tee_logs=true \
    >
    -service_name=$CONTAINER_SERVICE \
    >
    -snmp_discovery_on_start=true \
    >
    -snmp_discovery_min=180 \
    >
    nr1.snmp
  1. dockerがインストールされている Linux ホストで、任意のテキスト エディターを使用して、コンテナーの実行に使用する設定ファイルを作成します。 $DASHBOARD_API_KEYMeraki ダッシュボード API キーに置き換えます。

    vimを使用した例:

    bash
    $
    sudo vim meraki-base.yaml

    ファイルの内容:

    devices:
    meraki_cloud_controller:
    device_name: meraki_cloud_controller
    device_ip: snmp.meraki.com
    provider: meraki-cloud-controller
    ext:
    ext_only: true
    meraki_config:
    api_key: "$DASHBOARD_API_KEY"
    trap: {}
    discovery: {}
    global:
    poll_time_sec: 300
    timeout_ms: 30000

    ヒント

    これは基本的な例です。 追加の設定オプションについては、高度な設定ドキュメントをご覧ください。

  2. ネットワーク監視エージェントを起動して、Meraki ダッシュボードAPIをポーリングします。 $CONTAINER_SERVICEをコンテナーの一意の名前に置き換え、 $YOUR_NR_LICENSE_KEY$YOUR_NR_ACCOUNT_IDを任意の値に置き換えます。 この例では、設定ファイルを「meraki-base.yaml」として保存しました。

    bash
    $
    docker run -d --name ktranslate-$CONTAINER_SERVICE --restart unless-stopped --pull=always -p 162:1620/udp \
    >
    -v `pwd`/meraki-base.yaml:/snmp-base.yaml \
    >
    -e NEW_RELIC_API_KEY=$YOUR_NR_LICENSE_KEY \
    >
    kentik/ktranslate:v2 \
    >
    -snmp /snmp-base.yaml \
    >
    -nr_account_id=$YOUR_NR_ACCOUNT_ID \
    >
    -metrics=jchf \
    >
    -tee_logs=true \
    >
    -service_name=$CONTAINER_SERVICE \
    >
    -snmp_discovery_on_start=true \
    >
    -snmp_discovery_min=180 \
    >
    nr1.snmp
  1. SNMP エージェントの既存の設定ファイルに、Meraki デバイス オブジェクトを手動で追加します。 $DASHBOARD_API_KEY を Meraki ダッシュボード API キーに置き換えます。

    devices:
    meraki_cloud_controller:
    device_name: meraki_cloud_controller
    device_ip: snmp.meraki.com
    provider: meraki-cloud-controller
    ext:
    ext_only: true
    meraki_config:
    api_key: "$DASHBOARD_API_KEY"

    ヒント

    これは基本的な例です。 追加の設定オプションについては、高度な設定ドキュメントをご覧ください。

  2. 既存のコンテナを停止して削除します。

    bash
    $
    # Find your current container
    $
    podman ps -a
    $
    $
    # Forcibly stop and delete the target container (you may also use the container ID here in place of the name)
    $
    podman rm -f $CONTAINER_NAME
  3. 更新された設定ファイルを使用して新しい コンテナを起動します。 $CONTAINER_SERVICEをコンテナーの一意の名前に置き換え、 $YOUR_NR_LICENSE_KEY$YOUR_NR_ACCOUNT_IDを任意の値に置き換えます。 この例では、デフォルトの設定ファイル名をsnmp-base.yamlと想定しています。

    bash
    $
    podman run -d --name ktranslate-$CONTAINER_SERVICE --userns=keep-id --restart unless-stopped --pull=always --net=host \
    >
    -v `pwd`/snmp-base.yaml:/snmp-base.yaml \
    >
    -e NEW_RELIC_API_KEY=$YOUR_NR_LICENSE_KEY \
    >
    kentik/ktranslate:v2 \
    >
    -snmp /snmp-base.yaml \
    >
    -nr_account_id=$YOUR_NR_ACCOUNT_ID \
    >
    -metrics=jchf \
    >
    -tee_logs=true \
    >
    -service_name=$CONTAINER_SERVICE \
    >
    -snmp_discovery_on_start=true \
    >
    -snmp_discovery_min=180 \
    >
    nr1.snmp

    重要

    トラップ メッセージのパケット リダイレクトを処理するためのiptablesルールをまだ作成していない場合は、次のコマンドを使用して作成する必要があります。

    bash
    $
    sudo iptables -t nat -A PREROUTING -p udp --dport 162 -j REDIRECT --to-port 1620
  1. Podman がインストールされている Linux ホストで、任意のテキスト エディターを使用して、コンテナーの実行に使用する設定ファイルを作成します。 $DASHBOARD_API_KEYMeraki ダッシュボード API キーに置き換えます。

    vimを使用した例:

    bash
    $
    sudo vim meraki-base.yaml

    ファイルの内容:

    devices:
    meraki_cloud_controller:
    device_name: meraki_cloud_controller
    device_ip: snmp.meraki.com
    provider: meraki-cloud-controller
    ext:
    ext_only: true
    meraki_config:
    api_key: "$DASHBOARD_API_KEY"
    trap: {}
    discovery: {}
    global:
    poll_time_sec: 300
    timeout_ms: 30000

    ヒント

    これは基本的な例です。 追加の設定オプションについては、高度な設定ドキュメントをご覧ください。

  2. ネットワーク監視エージェントを起動して、Meraki ダッシュボードAPIをポーリングします。 $CONTAINER_SERVICEをコンテナーの一意の名前に置き換え、 $YOUR_NR_LICENSE_KEY$YOUR_NR_ACCOUNT_IDを任意の値に置き換えます。 この例では、設定ファイルを「meraki-base.yaml」として保存しています。

    bash
    $
    podman run -d --name ktranslate-$CONTAINER_SERVICE --userns=keep-id --restart unless-stopped --pull=always --net=host \
    >
    -v `pwd`/snmp-base.yaml:/snmp-base.yaml \
    >
    -e NEW_RELIC_API_KEY=$YOUR_NR_LICENSE_KEY \
    >
    kentik/ktranslate:v2 \
    >
    -snmp /snmp-base.yaml \
    >
    -nr_account_id=$YOUR_NR_ACCOUNT_ID \
    >
    -metrics=jchf \
    >
    -tee_logs=true \
    >
    -service_name=$CONTAINER_SERVICE \
    >
    -snmp_discovery_on_start=true \
    >
    -snmp_discovery_min=180 \
    >
    nr1.snmp

    重要

    トラップ メッセージのパケット リダイレクトを処理するためのiptablesルールをまだ作成していない場合は、次のコマンドを使用して作成する必要があります。

    bash
    $
    sudo iptables -t nat -A PREROUTING -p udp --dport 162 -j REDIRECT --to-port 1620

次のステップ

Meraki 環境データを補完するために、さらに多くのエージェントをセットアップできます。


このドキュメントはインストールの役に立ちましたか?

Copyright © 2024 New Relic株式会社。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.