• ログイン今すぐ開始

本書は、お客様のご参考のために原文の英語版を機械翻訳したものです。

英語版と齟齬がある場合、英語版の定めが優先するものとします。より詳しい情報については、本リンクをご参照ください。

問題を作成する

UIのOpenTelemetry:トランザクションページ

OpenTelemetryデータを送信し、UIでサービス(エンティティ)を開いたら、[トランザクション]をクリックして、アプリケーションの応答時間の急上昇を引き起こしている可能性のある低速またはエラーのトランザクションを特定します。トランザクションのリストを取得するには、[トランザクションの概要]ページに移動し、トランザクションテーブルを選択します。

New Relicのトランザクションの概念は、ソフトウェアアプリケーションの1つの論理的な作業単位をカプセル化します。通常、これは単一のプロセスによって実行される作業です。

OpenTelemetryでは、トレースデータをNewRelicのトランザクションの概念にマッピングするためにSpanKindに依存しています。 serverまたはconsumerSpanKindは、プロセスのエントリポイントを識別するために使用されます。つまり、これらは、リモートプロセスのルートスパンまたは子スパンのいずれかであるスパンです。

このセクションに表示されるデータは、以下の条件を満たしている必要があります。

UIエリア

説明

トップトランザクション

  • span.kind = server または consumer
  • スパン名によるファセット

スループット

  • span.kind = server または consumer
  • スパン名によるファセット

他のUIページでのOpenTelemetryについては、 UIの概要を参照してください。

Copyright © 2022 New Relic株式会社。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.