• EnglishEspañol日本語한국어Português
  • ログイン今すぐ開始

この機械翻訳は、参考として提供されています。

In the event of any inconsistency between the English version and the translated version, the English versionwill take priority. Please visit this page for more information.

問題を作成する

UIのOpenTelemetry:JVMページ

OpenTelemetry データを送信し、UI でサービス (エンティティ) を開いたら、 JVMsをクリックして、Java 仮想マシンの動作に関連する異常なまたは不健全なパフォーマンス パターンを持つサービス インスタンスを特定します。

レスポンス時間、最大レスポンス、エラー率、ガベージ コレクション時間、メモリ使用量などの主要なメトリックの概要に基づいて、比較するサービス インスタンスをいくつか選択できます。 JVM次に、OpenTelemetry インストゥルメンテーションによって収集されたすべてのインスタンスの メトリックを時系列チャートを使用して比較し、問題を見つけることができます。

典型的なワークフローをご紹介します。

  1. JVMs

    をクリックします。

  2. 要約されたヘルスメトリクスのテーブルを使用して、興味深いJVMを見つけます。

    • フィルターバーを使用して検索を絞り込みます
    • メトリクス値の列を並べ替えて外れ値を見つける
  3. それらの興味深いJVMを選択します。

  4. Compare

    をクリックすると、 JVMごとに分類されたヘルスとランタイムのメトリックが表示されます。

テーブル内のインスタンスの名前をクリックして、単一の JVM のすべてのランタイム メトリックを表示することもできます。

他のUIページでのOpenTelemetryについては、 UIの概要を参照してください。

Copyright © 2024 New Relic株式会社。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.